50代女性のホンネ:離婚を考えたこと、ある? ない?

2017年5月20日
老いていく両親、義両親のことを始めあれこれ問題を抱えた時、Jマダムの多くは「自力で解決」しようとする、あるいは、していた。もちろんそれだけの”強さ”と”知恵”を持っているからだが、実は「夫は頼りにならない」という声もチラホラ。そこで今回は、「夫」について聞いてみた。振り返れば、結婚生活もン十年。Jマダムにとって「夫」はどんな存在なのだろう。
まず、「夫との離婚を考えたことがある?」という問いについては、「ある」が57%、「ない」が43%と「ある」が過半数だった。「結婚31年、ないはずはなく……」(H・55歳・主婦)、「若い頃は(笑)」(K・47歳・主婦)、「ない人はいるのか?!」(S・46歳・パート)と、やはり結婚の歴史が長くなると「別の人生もあったのでは?」という考えが一度はよぎるようだ。なかには「10年くらい、ずーっとあります!」(N・45歳・ホテル勤務)、「3回。うち2回は夫に離婚届けを突きつけた」(M・52歳・主婦)という人も。ちなみに、離婚を考えたことがある人の75%は「恋愛結婚」。その昔、「愛は4年で終わる」と言われたが、はたしてまさにその通りなのだろうか・・・。
離婚を思い立った理由で最も多かったのが「夫が育児に非協力的だったから」。「俺は忙しいからと、子育てを私に丸投げしているくせに、何か問題が起きると『おまえの子育てが間違っているからだ』と責任転嫁」(I・53歳・自営業)、「娘が思春期を迎えた頃、白髪が増えるほど辛くて大変だった。その時期、夫も年代的に会社でストレスフルな環境にあったとはいえ、見て見ないふり。私は夜中、ひとりで泣くこともありました」(S・46歳・パート)。以下、順に「性格・考え方の不一致」、「夫の女性問題」、「夫によるモラハラ」、「夫の実家とつきあっていく自信が持てなかった」、「性の不一致」。つまり、離婚を考えさせる原因の多くは夫にあるようだが、「元カレと再会して」(K・47歳・主婦)という人も。
離婚を考えたことがあるとはいえ、実行に移すかどうかは・・。「もちろん! 離婚Xデーも決めている」という人は1人のみ。そのほかは、「ない」あるいは「わからない」、「この先、あるかも」と自分名義の貯金を増やしたり、自活をめざして資格を取得したりしながらも結婚生活を続けている。その理由を挙げてみると「話し合いをしないので、離婚にならないだけ」(A・54歳・会社員)、「まだ学生の子どもがいるため、離婚してシングルマザーとして生活していくのは厳しい」(C・47歳・派遣)。さらに、「互いの成長。家族への責任」(H・55歳・フリーランス)と含蓄のある声も。「若い頃のように我を通して主人と衝突することがほとんどなくなった。子どもが成長するにつれ老後は主人と2人の生活になるのだ……と思うようになり、心穏やかに」(I・53歳・自営業)、「離婚を考えた2回とも、なぜか大病を患い主人の世話になることに。苦境を乗り越えるたびに夫婦の結びつきが強くなっていく気がする。主人は今や、よきパートナー、身内、そして親友のような存在」(H・55歳・主婦)。さすが、年齢を重ね経験を積んできたJマダムだからこそ至ることのできた境地なのだろう。

What's New新着記事

  • 開運! Jマダムたちが暮らしの中でしていること。

    Jマダムたちには、ふだんの生活の中で特に気にかけていることがある。家族と自分の幸せな暮らしがあるのは、このおかげかも? Jマダムたちの信じているもの、それはいったい?

    Jマダム通信

    2018年7月21日

  • Jマダムが信じているもの、それは?

    年を重ねて、人生の酸いも甘いもさまざま体験してきたJマダムたちには、心のよりどころが各々にあるよう。そんなJマダムたちの風水やパワースポットに対する意識を調査!

    Jマダム通信

    2018年7月7日

  • 愛しのキッチン道具④インテリアにもなる〇〇〇がお気に入り!

    数あるキッチン道具の中でも、Yさんが特に気に入っているのが南部鉄瓶。家庭料理を愛するYさんから見た、南部鉄瓶の魅力をご紹介。

    Jマダム通信

    2018年6月26日

  • アラフィー女性のホンネ:お金のためにやっていること

    景気は上向いてきていると言われるものの、ぐるりと見回せば、食品やお菓子の容量・サイズが小さくなって実質値上げしていたりと油断ならない経済事情。チームJマダムたちはどんな「お金対策」をしている? 聞いてみれば、目からウロコ、コロンブスの卵、灯台下暗し……的なアイデアがたくさん寄せられた。あなたは何から始めてみる?

    Jマダム通信

    2018年6月23日

  • 愛しのキッチン道具③夫婦のコーヒータイムに欠かせない相棒

    夫婦でゆったりとドリップコーヒーを楽しむのが、ここ最近の習慣だというSさん。注ぎ口が細い電気ケトルを手に入れたら、ご主人はすっかり本格的なバリスタ気分に!

    Jマダム通信

    2018年6月19日

FEATURE
ランキング