50代の仕事:笑顔と健康のお手伝い!フィットネス拡大中。

2017年5月23日
アメリカ人のご主人と湘南エリアに暮らす、チームJマダムのMさん。フィットネスインストラクターとしての活動の幅が、ここ数年でぐんと広がってきた。Mさんがフィットネスにかける思いとは?
学生時代は器械体操部で活躍し、学校の体育の先生になることが夢だったMさんが、フィットネスと出会ったのは20歳のころ。当時日本に入ってきたばかりの華やかなエアロビクスに憧れ、その道に進んだ先輩を追いかけてスポーツクラブに入社した。

「私のフィットネス人生はそこから始まりました。エアロビはもちろん、ヨガやピラティスも守備範囲。スポーツクラブを退社してフリーになった後も、いろいろな場で皆さんの健康のお手伝いをしています」

フィットネスひと筋だが、その中でも自己改革を怠らずさまざまなインストラクター資格を取得し、着実に活動の場を広げてきた。

「2年ほど前に、サーフボードのようなボードの上でヨガを行うサップヨガのインストラクター資格を取りました。海が大好きで湘南に住んでいることもあり、サップヨガがアメリカから上陸したときには、これだ!と感動」

さらに今年に入って、健康福祉運動指導者としても活動。シニア層向けに、介護や認知症の予防を目的とした運動をレクチャーしている。

「体を動かすと、皆さんスッキリとした笑顔を見せてくださいます。その笑顔を見ると、人の役に立ててよかったとやりがいを感じます。それに、インストラクターは常に皆さんから見られる仕事。自分自身の体力や若さも保てると感じています。夢は生涯現役。80代になってもおしゃれなウェアを着て、ヨガやエクササイズを指導していたいです(笑)」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

FEATURE
ランキング