50代の仕事:笑顔と健康のお手伝い!フィットネス拡大中。

アメリカ人のご主人と湘南エリアに暮らす、チームJマダムのMさん。フィットネスインストラクターとしての活動の幅が、ここ数年でぐんと広がってきた。Mさんがフィットネスにかける思いとは?
50代の仕事:笑顔と健康のお手伝い!フィットネス拡大中。_1_1
学生時代は器械体操部で活躍し、学校の体育の先生になることが夢だったMさんが、フィットネスと出会ったのは20歳のころ。当時日本に入ってきたばかりの華やかなエアロビクスに憧れ、その道に進んだ先輩を追いかけてスポーツクラブに入社した。

「私のフィットネス人生はそこから始まりました。エアロビはもちろん、ヨガやピラティスも守備範囲。スポーツクラブを退社してフリーになった後も、いろいろな場で皆さんの健康のお手伝いをしています」

フィットネスひと筋だが、その中でも自己改革を怠らずさまざまなインストラクター資格を取得し、着実に活動の場を広げてきた。

「2年ほど前に、サーフボードのようなボードの上でヨガを行うサップヨガのインストラクター資格を取りました。海が大好きで湘南に住んでいることもあり、サップヨガがアメリカから上陸したときには、これだ!と感動」

さらに今年に入って、健康福祉運動指導者としても活動。シニア層向けに、介護や認知症の予防を目的とした運動をレクチャーしている。

「体を動かすと、皆さんスッキリとした笑顔を見せてくださいます。その笑顔を見ると、人の役に立ててよかったとやりがいを感じます。それに、インストラクターは常に皆さんから見られる仕事。自分自身の体力や若さも保てると感じています。夢は生涯現役。80代になってもおしゃれなウェアを着て、ヨガやエクササイズを指導していたいです(笑)」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング