【エクラ世代へおすすめのアイケアコスメ3選】ゴーグルゾーンケアはこれで決まり!

マスクがあろうがなかろうが、ファーストインプレッションを決めるのはやっぱり目もと。そこで、“エクラ50S(フィフティーズ)”がトラブル満載のこの世代に向けた“攻めのアイケアコスメ”をご紹介。

1.ポーラ リンクルショット メディカル セラム N

ポーラ    リンクルショット メディカル セラム N

足を向けて寝られない!しわ改善ケアの集大成
ベストセラーのしわ改善美容液。しわ発生メカニズムの研究を極め、しわ改善作用が進化。こっくり感触でポイントづけしやすい。
20g(医薬部外品)¥14,850

入江信子さんの結論
「何本使ったかわかりません! というほど私のしわケアの大本命。初めてつけたとき、目の下の細かいしわがすぐ消えたことに感激。深くなりつつあった、眉間の縦じわ、鼻のつけ根の横じわも薄くなったような。気になりはじめた目じりのしわがキツくならないのも続けているおかげと、足を向けて寝られません」

美容エディター 入江信子

美容エディター 入江信子

肌質/ドライ。花粉の時期はかなり揺らぐ
悩み/しわ、たるみ、シミ、くすみ
美容系の仕事にかかわって25年以上のベテラン。18歳から日焼けしたことがないのが自慢だったのに、それでも押し寄せる老化に愕然。“油分の伝道師”と名乗るほどのクリーム好き。

2.クラランス ダブル セーラム アイ

 クラランス ダブル セーラム アイ

水分&油分の絶妙バランスでゴーグルゾーンケアは万全
ジェル7:エマルジョン3の割合で出てくるダブルテクスチャー。植物成分が細胞と組織の結合を高め、再生、酸素補給、栄養補給を行い、老化に対抗。
20㎖ ¥9,900

藤井優美さんの結論
「エイジングケアのあらゆる要素を網羅している、大好きなシリーズのアイケアは、水分と油分のバランスが絶妙。目もとケアは質感の止まりがよすぎると広く塗れないけれど、これはのびがよく、ゴーグルゾーンにしっかり、たっぷり塗れます。肌が柔らかくなって、気になる目頭のしわも出現しません」

美容エディター 藤井優美

美容エディター 藤井優美

肌質/ノーマル
悩み/ゴルゴライン、マリオネットライン、まぶたや輪郭のゆるみ
幅広い分野で活躍中のエディター。童顔で若く見られてきたが、最近は年相応に悩みが増えてきた。元エステティシャンの経歴を生かし、コスメは手技を加えて効かせるよう心がけている。

3.SENSAI トータルアイトリートメント

メナード コラックス アイ

温冷ケアを取り入れた発想に脱帽
アプリケーター&エッセンスで冷感ケアする美容液と、温かさを放つクリームを組み合わせてお手入れ。
美容液 20㎖・クリーム 15㎖ ¥20,900/カネボウ化粧品

ハラチノの結論
「温冷ケアを化粧品に取り入れるという発想がすごい! 温感のクリームが特に気に入っていて、朝のひと塗りで目もとがパッと明るく。夜は冷感の美容液、クリームと続けて使うんですが、たるんで前に出ていたアイバッグを冷やし、引っ込めたところに温かいものでフタをする感覚。目疲れまでリフレッシュできます」

エクラ美容エディター ハラチノ

エクラ美容エディター ハラチノ

肌質/ドライ肌
悩み/目の下のくま、ゴルゴライン、頰のこけ、くすみ
将来の理想を“かわいいおばあちゃん”として、多少のエイジングサインはよしと悠々構えてくるも、50の壁を越え、一気にきたさまざまな“肌劣化”に、驚愕。本気の巻き返しに挑み中。

エクラ50Sのアイケア戦略

アラフィーで“ノーアイケア”はご法度
目もと=ゴーグルゾーンととらえる
アイケアこそ守りではなく“攻め”
一番目立つ悩みに照準を当てて選ぶ
50代が使いやすいのはクリーム質感
部分用しわ改善ケアも選択肢に入れる

What's New

Feature
Ranking
Instagram