【大人のベストコスメ大賞2021】コスメデコルテの「リポソーム アドバンスト リペアセラム」がベストスキンケアに!

美容のプロフェッショナルたちが自信をもって選びぬいた「大人の肌を輝かせるベストコスメ大賞」を発表。ベストスキンケアは、各所で話題をさらったコスメデコルテの「リポソーム アドバンスト リペアセラム」に決定!

《ベストスキンケア》コスメデコルテ リポソーム アドバンスト リペアセラム

コスメデコルテ リポソーム アドバンスト  リペアセラム

変える余地はないと語られてきた美容液がこれほどまでの進化を遂げたことは、2021年最大の事件!(美容エディター・安倍佐和子さん)

脆弱になりがちなエクラ世代の肌を完璧に仕立て直す頼もしさは唯一無二(美容ジャーナリスト・小田ユイコさん)

わきたつハリ、ツヤ、透明感! 使い続けるごとに、手応えが確信に変わる感動(美容家・神崎 恵さん)

毎日の肌変化が楽しみになるほど。大人の美肌力を底上げしてくれる(トータルビューティアドバイザー・水井真理子さん)

肌をリニューアルするかのよう。肌の芯からハリ、ツヤで満たされる美容家・小林ひろ美さん)

「一滴に1兆個の美肌カプセルがスピーディに浸透。美しい肌になりかわるようなハリとツヤ」(美容エディター・安倍佐和子さん)。
「しおれた肌が息を吹き返すよう。今までと違う肌がうれしくてたまらない」(美容エディター・神崎 恵さん)。
「想像を超える進化。一日中潤いを届け続けるのはリポソームならでは」(美容家・小林ひろ美さん)。
「大人に必要な潤いが、ていねいに届けられるからこそのなめらかさやハリ」(トータルビューティアドバイザー・水井真理子さん)。
「忘れていた"上り調子"を実感。肌はまだポテンシャルを秘めている、と教えてくれた」(美容ジャーナリスト・小田ユイコさん)。
絶大な人気を誇ってきた先行型美容液がついに刷新。そのすばやいエイジングケアの手応えに、誰もが心酔。
50㎖ ¥12,100

 
美肌に、笑顔に、「成り代わり」コスメがこんなに早くトレンドになるなんて!
(美容ジャーナリスト 齋藤 薫さん)

化粧品はいつか、「人に成りすます」のだろうと思っていた。肌や顔立ちの中に消えゆくように完全に同化して、人を劇的に美しくするのだろうと。でもその日が来るのは意外なほど早かった。まさに「成りすまし」「成り代わり」そして「形状記憶」といった未来テクノロジーが目白押しなのだ。’21年、ダントツのNo.1コスメとなったコスメデ コルテの「リポソーム アドバンスト リペアセラム」は、異次元の即効性によるラメラ構造形成を行うし、シートマスクの意味を変えるKANEBOの「スマイル パフォーマー」は笑顔を形状記憶するリフトケアをかたちにした。そして明らかに美容の未来を体現するのが、資生堂が満を持して発表した「ビオパフォーマンスセカンドスキン」。

美容医療でも改善は難しいアイバッグを鮮やかに消し去り、ピンとした皮膚に成りすます。明らかに今までとは次元が違う形成コスメ時代の始まりだ。

一方で、これまた化粧品の未来の筆頭に挙げられる「スーパーマルチ化」も’21年、一気に本格化。化粧品は進化するほどに一品に効果を凝縮させ、シンプルにならざるを得ない運命にある。そこは、スマホ一個持っていればどこにでも行ける時代の化粧品として当然のこと。使わせる品数が減るのはビジネス的にどうなのか? そうした心配をよそに、シミもシワも肌荒れも毛穴も何もかもと言った「効果のオールインワン」を叶えていく傑作こそ評価すべきなのだろう。

ランコム「アプソリュ インテンシブエッセンス」、ポーラ「B.A ディープクリアライザー」そしてドモホルンリンクル「泡の柔肌パック」。もともと何をするアイテムか忘れてしまうほど大きく手を広げて何もかも成し遂げる。いや将来それが当たり前になるのだろう。いずれにせよ「目を見張る効果」と言う言葉、これまで一体何度使ったかわからないが、今年ほどその仕上がりに目を見張ったことはない。そういう意味でも理屈以上に結果が目立つ「本気で効かせるコスメ」が多かったと言うこと。しかもコロナ収束とともにまた化粧品進化が飛び級的に進む予定。だから毎回思う。エクラ世代は幸せ。エイジングケア最先端の突端を常に謳歌できるのだもの!

What's New

Feature
Ranking
Instagram