ハノイの真珠と絶賛される優雅なホテル、メトロポール

リゾート写真家増島実の、本当にお薦めしたいホテル ベトナム編 10

2017年8月14日
フランス植民地時代からセレブの社交場として賑わった
1901年、フランス統治の絶頂期に、貴族や軍人、豪商などの社交場としてオープンした「旧グランドホテル メトロポール パレス」は、フランスからの独立やベトナム戦争という歴史の波に翻弄されながらも、2009年に現在のメトロポール ハノイとして再スタートした。3年以上をかけたリノベーションでは、高い天井やシーリングファン、縦長のフランス窓など技術の粋を尽くして往年のフレンチコロニアル建築を蘇らせた。新たに造られた新館も、見事に当時の面影を受け継ぎ、しっくりと調和している。

ソフィテル レジェンド メトロポール ハノイ 

ホアンキエム湖の南側、ハノイの繁華街にありながら、ホテルに一歩入ると外の喧騒が嘘のように静かで、エレガントな雰囲気に引き込まれる。白いアオザイに身を包んだスタッフは、ボンジュール、ボンソワールと微笑みを浮かべて迎えてくれる。スタンダートタイプの客室は32㎡と特に広くはないが、調度品の全てが吟味されているので、ゆっくりとくつろげる。ベッドのマットレスは寝心地がよいと評判が高い。ヒストリカルウィングには、サマセット・モームやグレアム・グリーンなどが長期滞在したライターズスイートルームが有り、安倍首相が宿泊した部屋もある。いずれのカテゴリーの部屋を選ぶにしても、トロピカルガーデンに向かって窓がある部屋をリクエストするとよい。メインダイニングは、朝、昼、午後、夜と、それぞれ趣向を凝らした料理が並び、どれも美味しい。中でもクロワッサンやフランスパン、チョコレートのレベルは、日本の有名店にならぶほど、と評判。またギフトショップが充実しているので、おみやげ選びも楽しい。
19世紀後半のフランスの建築を、高温多湿なベトナムの気候に合わせて変化させた、フレンチコロニアルスタイルの象徴的な建物
クリスタルのシャンデリア、大理石の床、天井に施したモールディング、全てが1世紀前のフランス統治時代を彷彿とさせる丁寧な造りのエントランス
  • 鎧戸つきのローズウッドのフランス窓と深めのソファー、こんなに気品のあるロビーでは、会話もつい上品になりそう
  • 朝食からランチ、ディナーまでサーブされるメインダイニング「スパイスガーデン」。料理もフレンチ、エスニック、和のお寿司まである。
  • パリの街角のようなオープンカフェ。庇や窓枠のひとつひとつに凝ったアイアンワークが施されている
  • 「第三の男」の脚本で知られるグレアム・グリーンが常宿にしていた部屋。今も当時のままの調度品が、完璧な形で配置されている

1/3

2/3

3/3

カフェも充実している。オリジナルなスパイスの効いた、フルーティでヘルシーなカクテルなどもそろっている
アフタヌーンティーは、元はイギリスの習慣だったが、アジアのクラシックホテルではメニューに載せているところも多い。メトロポールはケーキが盛りだくさんで、一人では食べ切れないほど
メインダイニングでは、オーダーメニューとブッフェ形式の料理が両方楽しめる。ブッフェのメニューは時間によって変わり、常に新鮮なものが用意される
Sofitel Legend Metropole Hanoi

15 Ngo Quyen St. Hoan Kiem Dist. Hanoi
全364室 \27,773~ ハノイNoi Bai空港より35km
(料金は最安値の一例です)

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング