50代のサラダ愛はすごかった!

2017年6月3日
みずみずしいサラダがおいしい季節。体を内側から浄化し体調を整えてくれる野菜だが、もちろんJマダムのサラダ愛はハンパない! いったいどのくらい食べているのか、その実態を追ってみると…!?
日々の献立を考えるとき、たいていは肉や魚介などのメインディッシュを決めて、そこからサイドメニューやスープなどの組み合わせを考えていく人が多いのでは? Jマダムたちがまず最初に決めるのも、「肉料理」が42%で1位。では2位はというと…。なんと、魚介類と並んで「野菜料理」が36%で2位に! 野菜を単なる付け合わせではなく、メニューの中心に据えている人がかなりいることが分かる。では、一番たくさん食べたいと思うものは何かを問うと、1位の「肉類」(42%)に続き「野菜類」が36%を獲得し、3位の「魚介類」(16%)を大きく引き離して堂々の2位に君臨。Jマダムたちの野菜にかける思いは、かなり熱いようだ。
そんなに野菜を大切に考えているのなら、毎日けっこうな量を食べていそう。昨日食べた野菜の種類の数を聞いてみると、「6~10種類」が圧倒的な多数派。11種類から20種類を合わせると19%になり、「5種類以下」の18%を上回った。「21種類以上」という人も4%いる。21種類も野菜の名前を言えるか不安がよぎるが、Jマダムにとっては容易いことなのか…。もちろん、「食べていない」なんて人はいなかった。では一日に食べる野菜の量はというと、「カフェオレボウルに山盛り」と答えた人が42%で1位に。「カフェオレボウル山盛り2杯以上」の人は、なんと35%もいた。
これほど野菜をたくさん食べるのなら、サラダの定番レシピもさぞ多く持っているだろう。ボリュームゾーンは「5種類くらい」で39%。「7~10種類」(30%)が続き、「11種類以上」という人も3%いた。Jマダムの多くの家庭では、1週間日々違うサラダを楽しめるという計算に。「たとえばグリーンサラダにしても、ベースとなるレタスやベビーリーフは同じで、わさび菜やルッコラなど香りや味が独特な野菜を変えるだけで、2種類完成。サラダって意外と簡単なんですね」(Aさん)「生ハムやチーズ、牛肉など野菜に組み合わせるたんぱく質を変えると、味わいも見た目も変化が」(Kさん) Jマダムたちは、ちょっとした工夫をこらして野菜料理を楽しんでいるようだ。

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング