50代女性のホンネ:夫に関して、困っていること、悩んでいること

2017年6月3日
Jマダムのホンネ「夫編」第2弾。離婚を考えている人だけでなく、そうでない人にも「夫に言いたいこと、今だから言えること」があるはず。不平不満、注文、もちろん感謝の言葉も含めてご紹介!

夫に関して、困っていることや悩んでいることが「ない」という人は、18%だった。「今は」「今のところは」という但し書きつきの人もいるのが少し気になるが……。困りごとや悩みごとがないのは「頑張って働いてくれているから」(H・50歳)、「23年前に出会ってからずっと変わらず穏やかで、何かと忙しい私のことを温かく見守ってくれる」(M・48歳)などデキた夫を持っているからのようだが、「私が結婚してほしくてしてもらったので、私にとってはいつも旦那が王様です」(M・48歳)という人も。そこまで夫に惚れ込めるなんて、正直ちょっとうらやましい。

そのほか大多数の、困りごとや悩みごとが「ある」という人の中にも濃淡の差はもちろんある。淡めの声としては、「基本は絵に描いたような理想的な旦那さん。でもやはり、長年連れ添っていれば日常の小さな積み重ねで、イヤに思える箇所はどうしても出てくる。お互いさまだけど」(S・46歳)のほか「やや頼りない。人がよすぎることころがある」(C・48歳)、「私が居るとすぐに甘えて、何でも頼ってくる」(I・53歳)など。ただ、淡めといっても「大事件、大トラブルが起こらないだけに、もやもや~っとは思うけど、伝えることもできず、一番始末が悪い気がする」(Y・49歳)という声が。ケンカにもならない……ひょっとして、夫婦の間ではそれがもっとも深刻!?

困りごとのトップは、夫の性格。「モラハラ&無趣味」(Y・49歳)、「すぐにキレる」(N・48歳)、「男性の更年期なのか、感情の浮き沈みが激しい」(C・47歳)、しかし人間、50年近くも生きてしまうと性格はなかなか変わらない(変えるも相手は別にないワケだし・・!)ようで、夫の性格に手を焼いている人のほとんどが「離婚」も視野に入れている。次は、生活態度で「飲み過ぎ」(A・50歳)、「生活リズムの違い」(M・53歳)、「禁煙したと言っているが、多分できていない(臭いでわかる)」(S・48歳)などなど。これらについても、夫たちには改める気があるのかどうかは怪しい。次回は「爆発寸前」(R・47歳)なJマダムたちの声を聞いてみることにしよう。これは見逃せない!

What's New新着記事

  • 50代女性のホンネ:女性同士のおつきあい、本当はどう?

    エクラ8月号特集『50歳からの女友だち』によれば、多くの人が「親友」と呼べる人を持ち、概ね良好な”女友だち関係”をキープしている様子。「年齢が上がるほど友だちを作るのはむずかしい」と言われるが、50歳以降に友だちができたJマダムは7割という結果となった。とはいえ、仲のいい友だちとだけつきあっていられないのが人生というもの。いったんこじれると厄介な女性同士のつきあい、Jマダムはどう乗り切っている?

    裏エクラ

    2017年7月8日

  • 50代女性のホンネ:これだけは言っておきたい! 夫に注文したいこと

    「夫編」第3弾。ここまでやってきたのだから、とりあえず添い遂げよう。そう思ってはいるけれど、やっぱり言っておきたいことがある。希望と期待、そして諦め(!)まで、Jマダムの胸の内を聞かせてもらった。

    裏エクラ

    2017年6月19日

  • 50代女性のホンネ:離婚を考えたこと、ある? ない?

    老いていく両親、義両親のことを始めあれこれ問題を抱えた時、Jマダムの多くは「自力で解決」しようとする、あるいは、していた。もちろんそれだけの”強さ”と”知恵”を持っているからだが、実は「夫は頼りにならない」という声もチラホラ。そこで今回は、「夫」について聞いてみた。振り返れば、結婚生活もン十年。Jマダムにとって「夫」はどんな存在なのだろう。

    裏エクラ

    2017年5月20日

  • 50歳の自分と、付き合いの長い義両親との関係は・・。

    40代~50代のエクラ世代の間で、今いちばんの気がかりは「親のこと」。それも、夫の両親のこととなれば難しい事情を抱えていたり、一見、仲がよさそうに見えても実は……。そんなチームJマダムたちの胸の内を覗かせてもらった。ご紹介するエピソード、あなたにとっては他山の石? それとも対岸の火事?

    裏エクラ

    2017年5月6日

  • 親はいつもまでも親。でも・・・。

    エクラ世代にとって、今いちばんの気がかりは「親のこと」のよう。考えてみれば、年齢的にもいつ何が起きても不思議はない。たとえば介護となったら、自分の生活はどうなるの……? 多く寄せられた声から、今回は”実の親”に焦点を当ててみた。

    裏エクラ

    2017年4月15日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

  • 全国津々浦々J47

    都道府県コンシェルジュやエクラトラベル班が全国のとっておきの情報を発信!

ランキング