50代女性のホンネ:夫に関して、困っていること、悩んでいること

2017年6月3日
Jマダムのホンネ「夫編」第2弾。離婚を考えている人だけでなく、そうでない人にも「夫に言いたいこと、今だから言えること」があるはず。不平不満、注文、もちろん感謝の言葉も含めてご紹介!
夫に関して、困っていることや悩んでいることが「ない」という人は、18%だった。「今は」「今のところは」という但し書きつきの人もいるのが少し気になるが……。困りごとや悩みごとがないのは「頑張って働いてくれているから」(H・50歳)、「23年前に出会ってからずっと変わらず穏やかで、何かと忙しい私のことを温かく見守ってくれる」(M・48歳)などデキた夫を持っているからのようだが、「私が結婚してほしくてしてもらったので、私にとってはいつも旦那が王様です」(M・48歳)という人も。そこまで夫に惚れ込めるなんて、正直ちょっとうらやましい。
そのほか大多数の、困りごとや悩みごとが「ある」という人の中にも濃淡の差はもちろんある。淡めの声としては、「基本は絵に描いたような理想的な旦那さん。でもやはり、長年連れ添っていれば日常の小さな積み重ねで、イヤに思える箇所はどうしても出てくる。お互いさまだけど」(S・46歳)のほか「やや頼りない。人がよすぎることころがある」(C・48歳)、「私が居るとすぐに甘えて、何でも頼ってくる」(I・53歳)など。ただ、淡めといっても「大事件、大トラブルが起こらないだけに、もやもや~っとは思うけど、伝えることもできず、一番始末が悪い気がする」(Y・49歳)という声が。ケンカにもならない……ひょっとして、夫婦の間ではそれがもっとも深刻!?
困りごとのトップは、夫の性格。「モラハラ&無趣味」(Y・49歳)、「すぐにキレる」(N・48歳)、「男性の更年期なのか、感情の浮き沈みが激しい」(C・47歳)、しかし人間、50年近くも生きてしまうと性格はなかなか変わらない(変えるも相手は別にないワケだし・・!)ようで、夫の性格に手を焼いている人のほとんどが「離婚」も視野に入れている。次は、生活態度で「飲み過ぎ」(A・50歳)、「生活リズムの違い」(M・53歳)、「禁煙したと言っているが、多分できていない(臭いでわかる)」(S・48歳)などなど。これらについても、夫たちには改める気があるのかどうかは怪しい。次回は「爆発寸前」(R・47歳)なJマダムたちの声を聞いてみることにしよう。これは見逃せない!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①

    北の国から雪の便りが届くようになり、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いて、いよいよ師走らしくなってきた。2018年は、チームJマダムのみなさんにとってどんな1年だったのだろう。まずは、「トホホだったこと」。あちこちから「あるある」「わかるわ〜」の声が聞こえてきそうだ。

    Jマダム通信

    2018年12月8日

  • アラフィー女性のホンネ:老後、夫とふたりきりの生活に不安はある?

    前回に続き、夫のリタイア後について。「不安」はないか聞いてみると、アラフィーというのは、夫との関係性はもちろん、自分の人生についてあらためて考え直す時期なのだなあと実感する結果となった。

    Jマダム通信

    2018年11月24日

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

FEATURE
ランキング