エクラ世代が安心して着られる! 特選ブランドのTシャツでお出かけを 五選

2017年6月1日
きちんと感のあるディテールや体形悩みのカバーなど、同世代デザイナー&ディレクターの作るTシャツには私たちを後押ししてくれる、こまやかでうれしい配慮がそこかしこに。今夏は自信をもって、Tシャツをおしゃれのメインアイテムにしよう!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.エッジの効いた存在感と上品な光沢感で一枚でも華やか
インド超長綿ならではの上品な光沢感でTシャツ以上の華やかさ。合わせるボトムしだいで自由にアレンジも楽しめそう。カーキパンツとのシンプルなかけ合わせでも、デザインの効いたアイテム同士だから、とびきり新鮮なスタイリングに。おしゃれな大人から変わらぬ注目を集め続ける『ハイク』も、実はエクラ世代デザイナーによるブランド。鮮度の高い大人のカジュアルアイテムが得意ゆえ、Tシャツ類の展開も実に豊富。

Tシャツ¥14,000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥16,000/イエナ ラ ブークル ピアス¥59,000・バングル¥93,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥115,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
2.つやめく素材感とディテールで黒Tシャツを女性らしく
ロートレアモンから、おしゃれを熟知した40代以上の女性のために新たに生まれたブランドが、『エッセン.ロートレアモン』。特有の滑り感があるシルキーなコットン素材の黒Tシャツゆえ、カジュアルさは控えめで洗練された印象に。パワーあるイエローのリネンスカートとも上品にマッチ。辛口小物を合わせてスタイリッシュに仕上げて。

Tシャツ¥12,000/エッセン.ロートレアモン スカート¥31,000/WEST(ブルーバード ブルバード) 帽子¥53,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) バッグ¥45,000/トリーバーチ ジャパン(トリー バーチ) 靴¥16,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)
3.ブラウジングさせやすいすそがウエストにこなれ感を
黒田知永子さんがディレクションを行う『ケイカラット』は、大人の女性に向けた配慮が随所にちりばめられた、エクラプレミアムでも支持の高いブランド。なかでも黒田さんのこだわりから生まれたTシャツが大人気。タックインさせてももたつかず、ウエストまわりにもニュアンスがつけやすく、こなれた印象に仕上がる。濃いめのデニムパンツに、強めの赤ニットを効かせて、どこか余裕のある大人のトリコロールコーディネートを楽しみたい。

★Tシャツ¥9,260/エクラプレミアム通販(ケイカラット/申込コード281180) デニムパンツ¥26,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) カーディガン¥16,000/アナイ ピアス¥69,000/ショールーム セッション(マリハ)
4.大人のための条件をクリアした一枚で勝負できるTシャツ
エクラでも人気のスタイリスト、村山佳世子さんと『ハウント』の初コラボで実現した「大人の夏Tシャツ」も要チェック! 上品なグレーカラーは柔和なホワイト系で優しげに。素材は、柔らかくて素肌に優しい着心地のスピン綿混を採用。ほどよい光沢感でカジュアルすぎず、雰囲気のある大人顔Tシャツに仕上がった。

★Tシャツ¥9,000/エクラプレミアム通販(村山佳世子×ハウント/申込コード288104) パンツ¥43,000/レリアン ストール¥6,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ(ルージュ・ヴィフ) サングラス¥36,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー バングル¥18,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
5.ワンランク上のロゴTを探すなら"ミュベール"!
ロゴTを着たいけど、カジュアルすぎたり、若づくり感が出ないかと心配……。そんな人はミュベールのロゴTをチェック! クチュール感のあるビーズ刺繡が施されたもの、絵画のようなアーティスティックなものなど、"ひと手間かけた"ロゴTが充実。遊び心の中にも、リッチ感をプラスした大人のコーディネートを目ざせる。

Tシャツ¥26,000・スカート¥23,000/ギャラリー ミュベール(ミュベール)

What's New新着記事

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング