明るくきれいな色みが主役!パンツコーデ3スタイル【まねしたいパリスナップ】

“自分らしさ”を一番に、トレンドも軽やかに楽しんでいるパリマダムたち。ニュアンスカラーからビビッドカラーまで、思い思いに、明るい色使いを身につけているマダムたちが増えている。

ムリエル(女優・パリ)

パリマダム ムリエルさんのブルーコーデ

ボトムはワークパンツやサロモンのスニーカーでボリュームを出してマスキュランに。ブルーで合わせたジャケットや斜めがけにしたバッグ、マフラーもぐるぐる巻きにして、トップスはコンパクトに。絶妙なバランスが、ゆるさのあるスタイリッシュさを感じさせて。

マルティーヌ(主婦・パリ)

パリマダム マルティーヌさんのベージュ×デニムコーデ

上質な毛皮に定評のあるスプラングフレールのベージュコートをメインに、インナーも白やベージュで統一。モスグリーンのマフラーが顔まわりにほどよい明るさを、細身のライトデニムでボトムにも軽快さをプラス。ベルトやブーツに引き締めカラーを取り入れて。

オレリア(インテリアデザイナー・パリ)

パリマダム オレリアさんのオフホワイトワントーンコーデ

オフホワイト×ベージュのワントーンスタイリング。ウエストをマークしたフリースジャケットに、マフラーをシンプルに巻いて上半身をコンパクトに。さらに細身のデニムですっきりと。ビルケンシュトックで“見せる靴下使いはまねしたいポイント。

What's New

Feature
Ranking
Instagram