身長をスッと高見えさせるなら、ロングアウター&変形パンツ 五選<Sサイズ・桃代セオリー>

2017年6月4日
服の魅力は生かしつつ、見た目の全身バランスを整える&服のボリューム感も楽しむのがおしゃれの基本! 身長150㎝エディター・宮崎桃代さんのリアルテクニックを大公開。Sサイズさんのための夏スタイル攻略法、まずは身長を高く&脚を長く見せるセオリーを学んで。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ロングアウターで潔く長さを強調
この1年半で新登場した速効アイテムがロングアウター。文字どおり、長さのある服は着るだけで視線を長〜くキャッチ。くるぶしに届くぐらいの丈が身長を分断せず、しかもこなれたおしゃれ上手に見えて一石二鳥。

カーディガン¥26,000・ノースリーブニット¥16,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) パンツ¥24,000/ミュラー オブ ヨシオクボ サングラス¥37,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー ビーズバングル 各¥16,000/アイコアンドコー東京(ペンタ) リング¥9,000(フィリップ オーディベール)・バッグ¥37,000(ベルメール)/以上ビームス ハウス 丸の内 靴¥12,400/N.D.C.Japan(カルメン サラス)
2.
桃代おすすめ! マディソンブルーのガウンコート
デザイナーの中山まりこさんご自身が小柄でキュートなかた。ゆえにショップの全アイテムに小柄でも着こなしやすい気配が濃厚。今、宮崎が最も気になるロングアウターも発見。縦のラインを強調するヘチマカラーのコートは、さらりとはおるだけでおしゃれ度がかなりアップ。

コート(共ベルトつき)¥91,000/マディソンブルーヘッドストア(マディソンブルー)
3.さらっと揺れるすそで小気味よく
ざらりとしたリネンの質感で装いがカジュアルにかっこよく、ストレッチ効果満点のコートにボートネックとスニーカーを。こなれた印象をアピールして。

コート(共ベルトつき)¥91,000/マディソンブルーヘッドストア(マディソンブルー) ノースリーブブラウス¥18,0
00・スカート¥19,000/ショールーム セッション(アダワス) ピアス¥12,000(デミルクス ビームス)・バッグ¥30,000(エスター エクミ)/以上ビームス ハウス 丸の内 リング¥15,000/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) 靴¥43,000/プレインピープル青山(ロッコピー)
4.桃代おすすめ! ノットの変形パンツ
ジャンポールノットのセカンドライン"ノット"はデザインのおもしろさはありつつ、ふだん使いにちょうどいいのが魅力。宮崎の感覚だと、サイズもやや小さめの設定。今年も流行の変形デザインは、股上が深く脚の長さがあいまいに。デザインで遊ぶので色はシックに。

パンツ¥19,000/ジャンポールノット 青山店(ノット)
5.変形パンツ+ノースリーブニットは最強!
脚を長く見せつつバランスもよくなる黄金の組み合わせ。フロントはラップスカートのようにサイドでとめて。ちょいユルではくのがぴったりのデザイン。この効果でどこがウエスト、どこが股上、とはっきりしないのがいい。

パンツ¥19,000・ニット¥21,000/ジャンポールノット 青山店(ノット) バングル¥12,000/アイコアンドコー東京(ペンタ) バッグ¥20,800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥16,500/ハイブリッジ ショーケース 六本木店(Amb)
Sサイズエディター・宮崎桃代さん
本誌も担当するフリーのエディター。モットーは"実感と実用を美しくわかりやすく"。小さいころから「前へ習え」は先頭。最近、150㎝が中1女子の平均身長と知り、驚愕。

What's New新着記事

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング