50代の元気:子どもたちも大好き!手作り野菜で夏のサラダランチ

高校生の女の子と中学生の男の子のママである、チームJマダムのSさん。長い夏休み中の昼食に、家庭菜園で摂れた野菜のボリュームサラダをよくいただくそう。育ちざかりの子どもたちが喜ぶサラダランチって、いったい?
50代の元気:子どもたちも大好き!手作り野菜で夏のサラダランチ_1_1
「子どもたちがまだ小さい頃、庭の片隅に『小さな食べる庭』と名付けた家庭菜園を作ったんです。最初は子どもたちの勉強のためというつもりでしたが、無農薬で丹精込めて育てた旬のお野菜は、やっぱり味が濃くておいしい! 今でも夏野菜はたくさんの種類を作っています」

ゴーヤ、なす、きゅうり、トマト、ピーマン、トウモロコシ、スティックセニョール、ブロッコリーなど、彩りも鮮やかな野菜たち。バジルなどのハーブも育てていて、これらの野菜とハーブでピザやサラダを作るのが、夏休み中の定番お昼ご飯。
50代の元気:子どもたちも大好き!手作り野菜で夏のサラダランチ_1_2
ある日のサラダランチが、上の写真。『小さな食べる庭』でベビーリーフや水菜などを摘み、スライスした玉ねぎと一緒にお皿へ。その上に生ハムを広げ、塩こしょう、オリーブオイル、パルメザンチーズをかけて完成。バゲットと合わせれば、子どもたちも大満足のランチに。

「洗って切って乗せるだけの、簡単お気楽料理です(笑) 長いお休みは毎日のランチ作りが面倒になる日もありますが、これならササッと作れるし栄養バランスもよし。みずみずしいので暑い日でも食が進みます」

簡単なのにおしゃれで栄養たっぷり。昼食メニューに悩んだら、ご家庭でもぜひ!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング