50歳の美:Jマダムの朝は○○で1日を軽快に!

2017年6月27日
薬膳料理など健康にいい食事に詳しいMさん宅の朝食は、野菜やフルーツをたっぷり盛り合わせたサラダプレート。数えてみると、食材の数はなんと21種類!
夜はボリュームのある食事を好むご主人のために、朝食は野菜を中心にメニューを決めているそう。ビタミンやミネラルを野菜から、タンパク質を魚介類や豆類から、酵素をフルーツから摂り入れる。

「右上のビシソワーズは、黄パプリカとエシャロット、にんにく、セロリ、みかん、そしてフルーツビネガーとエスペレット、塩少々を加えてミキサーにかけ、ひと晩寝かせたもの。左上のガラスの器に入った蒸し小豆は、体内の余分な湿を取り除いてくれます」

サラダには春菊、菊の花、スナップエンドウ、かぶ、アスパラ、ベビーリーフ、トレビス、キャベツ。上から、体を温めてくれるクコの実やアーモンド、くるみを散らし、サーモンをくるっと巻いて美しく添える。エゴマ油や良質なオリーブオイルで手作りしたドレッシングをかけていただく。

「酵素を摂りたいので、キーウイは毎朝必ず。今日は金柑とイチゴも合わせて彩りよく。そして実は、お皿のチョイスにもこだわっています。このフランク ミュラーは大好きなので、朝からテンション上がります(笑)」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング