スタイルアップの秘訣は、ハイウエスト&低めウェイト 五選<Sサイズ・桃代セオリー>

2017年6月11日
服の魅力は生かしつつ、見た目の全身バランスを整える&服のボリューム感も楽しむのがおしゃれの基本! 身長150㎝エディター・宮崎桃代さんのリアルテクニックを大公開。Sサイズさんのための夏スタイル攻略法、今回はほっそり美しいスタイルを叶える秘訣♪

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ボリュームボトムは丈を生かしてハイウエストに
このスカートはなぜこの長さなのか。それは服として最も素敵なバランスだから。ボトムの長さ=下半身の長さなので、丈はそのまま生かすこと。トップスをインにしてハイウエストで着こなせば、下半身がすらっと。

カーディガン¥33,000・ノースリーブニット¥26,000/SUNSPEL 表参道店(SUNSPEL) スカート¥48,000/モールド(チノ) 時計¥175,000/オッソ ジャパン(オッソ イタリィ) 靴¥22,000/ハイブリッジ インターナショナル(Amb)
2.ちょっと重たい厚手の素材が広がりすぎをセーブ
ウエストまわりはすっきりしていて、すそは歩くたびに揺れてドラマチック。このバランスだと重たい量感が足もとにくるので下ストレッチが可能。くるぶし丈ではきたいスカートもやはり"マディソンブルー"で。スニーカーでもフラットサンダルでも今どきの着こなしに。

スカート¥45,000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(マディソンブルー)
2.足もとは甲を覆うサンダルで安定感を
ボトムにボリュームがある今、負けない量感を靴でキープして下に視線を集めて。スリッポンはもちろん、サンダルも厚めのヒールや甲を覆うデザインで重量を意識。ミッキーマウスの足が長いのは靴が大きいからと心得て!フラット靴は甲を覆うデザインで見た目のボリューム感を出すこと。

スカート¥45,000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(マディソンブルー) ブラウス¥36,000/ストラスブルゴ(アントネッリ) サングラス¥33,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー バングル¥12,000(メゾン ボワネ)・靴¥29,000(ペルテルノ)/以上ガリャルダガランテ 表参道店 バッグ¥22,000/ビームス ハウス 丸の内(アーロン)
4.ボリュームで全身バランスがユニークであいまいに
流行のボリューム袖のトップスも着たい! ブラウスなど張りのある素材は横に広がり小柄にはむずかしく、見つけたのが落ち感のいいコットンジャージー素材。おなじみプレインピープルの娘版、小さめサイズの"プレインレス"は今シーズン、大人が満足するアイテムが豊富。

カーディガン¥16,000/プレインピープル青山(プレインレス)
5.ボリュームトップスは下ストレッチ効果ですっきりと
ベーシックなネイビーパンツも、愛嬌あるボリュームトップスと手先ブレスレットで見違える!

カーディガン¥16,000(プレインレス)・バッグ¥135,000(マウロ・ゴヴェルナ)/以上プレインピープル青山 ノースリーブカットソー(コットン100%)¥8,000/SUNSPEL 表参道店(SUNSPEL) すそリブのパンツ¥32,000/ボウルズ(ハイク) ブレスレット(上)¥32,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) ブレスレット(下)¥65,000/アースレイ(ヴィクター アレキサンダー) 靴¥35,000/FUN Inc.(チェンバー)
Sサイズエディター・宮崎桃代さん
本誌も担当するフリーのエディター。モットーは"実感と実用を美しくわかりやすく"。小さいころから「前へ習え」は先頭。最近、150㎝が中1女子の平均身長と知り、驚愕。

What's New新着記事

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング