“国民的年下彼氏”チョン・ヘインの極上メロドラマ『スノードロップ』【見ればキレイになる⁉韓流ドラマナビvol.21 前半】

エクラの美容記事でもおなじみのライター・山崎敦子がお届けする韓流ドラマナビ。21回目の今回は、人気俳優チョン・ヘインと、ドラマ初挑戦となる世界的アイドルグループBLACKPINKのジスが共演のメロドラマ『スノードロップ』をご紹介!
スノードロップのチョン・ヘイン
北朝鮮のスパイ、ウン・ヨンロ役のチョン・ヘイン © 2021 Disney and its related entities

民主化運動高まる1987年を舞台にしたイノセンスな物語

 自分でも意外なのですが、メロドラマがちょっと苦手です。日本と韓国ではメロドラマの意味合いが少し違うようではありますが、ウィキペディアによれば、「一般に感情の起伏を誇張した感傷的な恋愛劇」をメロドラマと呼ぶようです。

 私としては、感傷的が嫌いというわけでもないし(むしろ好き)、恋愛劇は大好物ジャンルの筆頭でもあるわけですが、幼い頃に親が観ていた日本のメロドラマから受ける印象なのか、なんとなくドラマに流れる「私さえ身を引けばみんなが幸せになれるから」的、自己犠牲精神漂う感じが、腹グロな私の神経を微妙に居心地悪くするとでもいいましょうか。だって、主人公が身を引くゆえにかえって物語は複雑になり、それゆえ周囲も泥沼にハマっていくというパターン、多くありませんか? それが悲恋で終わるのならまだしも、最後ふたりが結ばれてハッピーエンドになったりした日にゃあ、「だから、最初から身を引かなきゃよかったじゃないかよ〜」と、つい一人ツッコミを入れてしまうという塩梅でして。
 はるか昔の学生時代、こんな話で盛り上がったことがあります。場面は、恋人とふたりきりの深夜の部屋。ふたりともタバコ飲み。それもかなりのヘビー級。そして、ふたりに残されているタバコは1本のみ。近所には販売機もコンビニもなく、もちろん、彼も私も、その1本を吸いたくてたまらない。さて、どうする? 
 
 腹グロな私ではありますが、そこはやっぱり自己犠牲精神を発揮して、彼に差し出しますよね、その1本を。で、盛り上がったのは、ある昭和を代表する女優さんが言ったというまことしやかなお話です(もちろん真偽のほどは定かではない)。その女優さんだったら、間髪入れずに自分が最後の1本を吸う選択をするというのです。彼女曰く、そうすれば、相手に迷わせたり、気遣いさせたりすることがないでしょ、ということらしいのです。なるほど。自己犠牲にもいろいろあるのだなあと。
スノードロップのキム・ジス
今回がドラマ初挑戦となるBLACKPINKのジス(左から2人目) © 2021 Disney and its related entities
 さて、あまり関係ない話で前置きが随分と長くなりました。自己犠牲の話についてはさておき、要は、メロドラマです。ということで、この作品「スノードロップ」。民主化運動高まる1987年を舞台に、チョン・ヘイン演じる北朝鮮のスパイとドラマ初挑戦となるBLACKPINKジスが演じる女子大生のイノセンスな極上メロドラマです。
 物語は、女子大生のヨンロ(ジス)が、友人に誘われ出かけた合コンで大学院生のスホ(チョン・ヘイン)と出会うところから始まります。爽やかで優しげなスホに一目惚れするヨンロですが、このスホ、実は大学院生とは仮の姿で北朝鮮の工作員。ある作戦を実行するため韓国に潜入しているのですが、ある日、彼を探っていた韓国の国家安全企画部、略して安企部にその作戦を阻止されて大けがを負ってしまいます。そして、逃げ込んだ先がヨンロのいる女子大の寮。民主化運動に参加した兄が逮捕され拷問を受けたことから、ヨンロはスホもデモに参加して追われていると思い込み、ルームメイトたちを巻き込んでスホを匿うことになるのです。
 実は、ヨンロの父は民主化運動を弾圧する悪名高き安企部の部長なのですが、そのことに負い目を感じるヨンロは周囲に事実を打ち明けることは当然できないわけでして、もちろんスホもその事実を知らずに、自分を助けるヨンロのひたむきで清らかな姿に心惹かれていきます。そんななか、スホはヨンロたちの機転で安企部の執拗な追っ手をかいくぐり、無事女子寮を抜け出すことに成功するのですが……。
 そして、物語はここからが本番。スホは失敗に終わった任務を再び遂行し、北へと向かうために、女子寮の近くに隠していた武器と工作金を回収しに行くのですが、またしてもそこに安企部の追っ手が。窮地に立たされたスホは、再び逃げ込まざるを得なくなった女子寮で、なんとヨンロに銃をつきつけて女学生たちを人質に立て籠もる事態へと追い込まれていく……という展開。

 さて、気になる二人の関係と物語の行方は……?

(後半に続く)

『スノードロップ』 ディズニープラス「スター」で日本独占配信中

https://disneyplus.disney.co.jp/program/snowdrop.html

山崎敦子

山崎敦子

旅行記事に人物インタビュー、ドラマ紹介、実用記事から、着物ライターとさまざまな分野を渡り歩き、今では美容の記事を書くことも多くなったさすらいのライター。襲いかかるエイジングと闘いながら、ウキウキすること、楽しいことを追い求め続ける日々を送る。

What's New

Feature
Ranking