「シャネル」のプルミエール ロックで、腕時計に大人だからこその遊び心を

コロナ禍で自分への向き合い方、家族へかける愛情も変わり、これまでとは違う「時」を求めているという大草直子さん。今回訪れたのは、女性が憧れる高級ブランド「シャネル」。夫のチャーリーさんとショップクルーズをしながらこれからを刻む新しい一本を探した。
大草 直子

大草 直子

おおくさ なおこ●ファッションエディターとしてキャリアを積み、スタイリストに。執筆、イベント出演、商品開発やブランドのコンサルティングなど幅広く活躍し、大人の女性たちから絶大な支持を集めている。新メディア「AMARC」も人気。
Instagram:@naokookusa
@naokookusa_styling
@amarc_official

CHANEL

「プルミエール ロック」

@シャネル ファイン ジュエリー 本店

ロックな存在感をそのままに。若いころとは異なる遊び心で

大草さんがセレクトしたのは、シャネルが初めて作ったレディスウォッチ「プルミエール」の進化版。「その名のとおり、ロックなんです。時計だけを目立たせず、同じ太さのバングルと合わせたい。ロックTやGジャンもいいですし、黒いドレスに、シルバーのブレスレットとジャラッとつけてドレスダウンさせるのも素敵。若いころはむしろそんなふうに楽しめなかったし、逆にマダムっぽくて不釣り合いだったと思います。このロックっぽさは、さすがシャネル! エレガントでとってもシック」。

「プルミエール ロック」

「CHANEL」のロゴだけをあしらったシンプルなブラックダイヤル。それを覆う八角形のサファイアガラスがジュエリーのように美しい。ステンレススチールにブラックレザーを編み込んだアイコニックなブレスレットもエレガント。

時計¥616,600/シャネル

シャネル ファイン ジュエリー 本店

シャネル ファイン ジュエリー 本店

2000年に日本で初めてシャネルのジュエリー専門ブティックとしてオープン。2015年のリニューアルを経て、マドモアゼルの邸宅、カンボン通りのアパルトマンの空気感を再現したインテリアに。ヴァンドーム広場18番地のブティックと共通する優雅さの中で、ウォッチ&ジュエリー選びを。

東京都千代田区内幸町1の1の1 帝国ホテルプラザ1F

☎03・3501・5730

11:00~19:00 不定休

What's New

Feature
Ranking