長く愛せる永遠のシグネチャーウォッチ 五選

2017年6月17日
経験を重ねた今だからこそ、近しい存在となった名品たち。あなたをより高めてくれるパートナーが、きっと見つかるはず。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.PATEK PHILIPPE
「カラトラバ」
世界最高の時計製造ブランドが生み出した究極のラウンドウォッチは、レアな本白七宝文字盤(エナメル)にローズゴールドの組み合わせがこのうえなく美しい。パテック フィリップのクラシックなスタイルを体現したモデル。

「カラトラバ 5116」(36㎜径、RG、エナメル文字盤、手巻き、アリゲーターストラップ)¥2,850,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーション センター(パテック フィリップ)
2.ROLEX
「オイスター パーペチュアル デイトジャスト」
革新的3大技術を搭載したモダンウォッチは、時代を超えたエレガンスを追い求める人々に愛され続ける名品。ダイヤルのデザイン、ケースやブレスレットの素材など、バリエーションも豊富。サイズは、28㎜、31㎜、36㎜、41㎜の4展開。

「オイスター パーペチュアル デイトジャスト 36」〈右から〉(36㎜径、SS×YG×D、自動巻き、100m防水)¥1,230,000・(36㎜径、SS×WG、自動巻き、100m防水)¥750,000/日本ロレックス(ロレックス)
3.BREGUET
「クラシック」
機械としての時計の美しさを極限まで引き出してみせた、アブラアン-ルイ・ブレゲは天才時計師が手がけた極上の芸術作品。各部のこまやかな装飾が見事に調和し、極上のクラス感が漂う。

「クラシック 9068」(33.5㎜径、RG×D、自動巻き、アリゲーターストラップ)¥3,045,600/ブレゲ ブティック銀座(ブレゲ) アートピース¥180,000/コール
4.JAEGER-LECOULTRE
「レベルソ・クラシック・スモール・デュエット」
2つの「顔」をもつ、アールデコ以来のロングセラー。視認性のいい、端正なダイヤルデザイン(右)がレベルソの「顔」。ベーシックモデルはこの表面のみだが(背面に彫金可能)、「デュエット」は、ケースを反転させるとラグジュアリーなブラックフェイス(左)が現れる。

「レベルソ・クラシック・スモール・デュエット」〈右から〉(34×21㎜、PG×D、手巻き、アリゲーターストラップ)¥1,800,000・(34×21㎜、PG×D、手巻き)¥3,000,000/ジャガー・ルクルト カスタマーリレーションズ(ジャガー・ルクルト)
5.GRAND SEIKO
「グランドセイコー STGF299」
上質なネイビーのクロコダイルストラップが、ホワイトゴールドのケースを引き立てる。ゴールド製ながらスクリューバックを採用したことで10気圧防水を実現。実用性もぬかりない。最高峰のきらめきと本物の上質が宿る、日本の美しい時計だ。

「グランドセイコー STGF299」(26㎜径、WG×D、MOP文字盤、クォーツ、クロコダイルストラップ)¥1,950,000/セイコーウオッチ お客様相談室(グランドセイコー)

What's New新着記事

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング