長く愛せる永遠のシグネチャーウォッチ 五選

2017年6月17日
経験を重ねた今だからこそ、近しい存在となった名品たち。あなたをより高めてくれるパートナーが、きっと見つかるはず。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.PATEK PHILIPPE
「カラトラバ」
世界最高の時計製造ブランドが生み出した究極のラウンドウォッチは、レアな本白七宝文字盤(エナメル)にローズゴールドの組み合わせがこのうえなく美しい。パテック フィリップのクラシックなスタイルを体現したモデル。

「カラトラバ 5116」(36㎜径、RG、エナメル文字盤、手巻き、アリゲーターストラップ)¥2,850,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーション センター(パテック フィリップ)
2.ROLEX
「オイスター パーペチュアル デイトジャスト」
革新的3大技術を搭載したモダンウォッチは、時代を超えたエレガンスを追い求める人々に愛され続ける名品。ダイヤルのデザイン、ケースやブレスレットの素材など、バリエーションも豊富。サイズは、28㎜、31㎜、36㎜、41㎜の4展開。

「オイスター パーペチュアル デイトジャスト 36」〈右から〉(36㎜径、SS×YG×D、自動巻き、100m防水)¥1,230,000・(36㎜径、SS×WG、自動巻き、100m防水)¥750,000/日本ロレックス(ロレックス)
3.BREGUET
「クラシック」
機械としての時計の美しさを極限まで引き出してみせた、アブラアン-ルイ・ブレゲは天才時計師が手がけた極上の芸術作品。各部のこまやかな装飾が見事に調和し、極上のクラス感が漂う。

「クラシック 9068」(33.5㎜径、RG×D、自動巻き、アリゲーターストラップ)¥3,045,600/ブレゲ ブティック銀座(ブレゲ) アートピース¥180,000/コール
4.JAEGER-LECOULTRE
「レベルソ・クラシック・スモール・デュエット」
2つの「顔」をもつ、アールデコ以来のロングセラー。視認性のいい、端正なダイヤルデザイン(右)がレベルソの「顔」。ベーシックモデルはこの表面のみだが(背面に彫金可能)、「デュエット」は、ケースを反転させるとラグジュアリーなブラックフェイス(左)が現れる。

「レベルソ・クラシック・スモール・デュエット」〈右から〉(34×21㎜、PG×D、手巻き、アリゲーターストラップ)¥1,800,000・(34×21㎜、PG×D、手巻き)¥3,000,000/ジャガー・ルクルト カスタマーリレーションズ(ジャガー・ルクルト)
5.GRAND SEIKO
「グランドセイコー STGF299」
上質なネイビーのクロコダイルストラップが、ホワイトゴールドのケースを引き立てる。ゴールド製ながらスクリューバックを採用したことで10気圧防水を実現。実用性もぬかりない。最高峰のきらめきと本物の上質が宿る、日本の美しい時計だ。

「グランドセイコー STGF299」(26㎜径、WG×D、MOP文字盤、クォーツ、クロコダイルストラップ)¥1,950,000/セイコーウオッチ お客様相談室(グランドセイコー)

What's New新着記事

  • パリ&ミラノの、すぐに役立つ今夏の最新トレンド 五選

    パリとミラノの街から抽出した、大人ならではのトレンドの取り入れ方を、マダムたちの実例で一挙にご紹介。すぐに参考になる5つのおしゃれの傾向は要チェック!

    eclat五選

    2017年8月22日

  • 同窓会当日は、メイクのマジックで即席−10歳肌 五選

    今の自分に自信をもって、友人たちと素敵な時を過ごしたい。同窓会当日は、見た目年齢を操るツボを押さえたメイクアップで決まり! 当日の朝でもできることを、ヘア&メイクアップアーティストの藤原美智子さんがお教えします。

    eclat五選

    2017年8月21日

  • 目利きのプロが分析、ミラノのベーシック&モダンな着こなし 五選

    「ミラノには新旧のマダムスタイルが素敵に混在する」と話すのは、大人のセレクトショップ『ストラスブルゴ』の執行役員、植原ほのさん。今までのミラノ訪問は15年間べ約60回。「地区ごとにおしゃれのムードが変わり、ミラノマダムの存在感が再び浮き彫りになって、これからが楽しみ」という植原さんが、ミラノマダムのベーシック&モダンなスタイルを解説。

    eclat五選

    2017年8月20日

  • 豊かな香りもごちそう 日本の夏、香味野菜の夏!

    さわやかな香りとすっきりした辛味、ほろ苦さが魅力の夏の香味野菜。eclat9月号ではおもてなしにも使える香味満載の絶品レシピをご紹介。

    eclat五選

    2017年8月19日

  • 狐野扶実子さんが解説!パリジェンヌのお仕事&オフスタイル 五選

    パリ在住後、現在も年に5〜6回渡航している狐野扶実子さん。「自分を見て選ぶ」ことが日常的に身についているパリマダムたちを見て、「着たい服と似合う服は違うんだと、私にはそれがとても新鮮な発見でした。いい意味でおしゃれが自分本位。装うことを楽しむ姿勢がとても健康的で素敵です。」と話す狐野さんが、パリジェンヌのお仕事着ルールとオフスタイルを分析!

    eclat五選

    2017年8月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

  • 全国津々浦々J47

    都道府県コンシェルジュやエクラトラベル班が全国のとっておきの情報を発信!

  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

ランキング