大人にこそ食べて欲しい しみじみおいしい近畿・中国の銘菓 五選

2017年6月16日
洗練され、凛としたたたずまいは違いのわかる大人にぴったり。その土地の風土や空気感をまとった近畿・中国地方の絶品銘菓をご紹介。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.【京都府】紫野源水「涼一滴」
夏になると恋しくなる、素材のおいしさがきわだつ水羊羹。「みずみずしくて、涼やかさを感じる一品。後味も軽やかです」(天野準子さん)。¥2,962(6個入り/小豆、ごま各3個)※注文は電話かFAX にて。販売は6月~9月半ば。

●京都府京都市北区小山西大野町78の1 
☎075・451・8857 
FAX 075・451・8867
2.【大阪府】むか新「むらしぐれ小函」
「しっとりしながら口の中でほどける食感が印象的。小豆の風味がふわりと残ります」(三好彩子さん)。江戸時代半ば、岸和田藩主に献上した蒸し菓子に由来する泉州の伝統菓子。¥1,141(16個入り/小豆4個・白小豆2個) 

●大阪府泉佐野市羽倉崎1の4の7 
0120・41・0005 
www.mukashin.com/
3.【兵庫県】エルベラン「エルベラン」
「チョコレートをクッキーでサンドし、パイで巻いた独創的なお菓子。遠方への手みやげにしています」(西村晶子さん)。国産小麦やカルピスバター、ヴァローナ社のチョコレートなど素材を厳選。"ハイカラな風味"が伝わる。¥1,388(25枚入り) 
●兵庫県西宮市相生町7の12 
0120・440・380
www.elberun.gift/
4.【和歌山県】麩善「 笹巻あんぷ」
高野山で180年続く老舗。精進料理を出す宿坊に生麩を納める。保存料無添加で、高野山の空気が伝わるようなピュアな味。「もっちりした生麩の食感と自然な甘味がいいですね」(松田美智子さん)。¥1,111(8個入り)※冷凍でお届け。

●和歌山県伊都郡高野町高野山712
☎0736・56・2537 
www.fu-zen.com/
5.【岡山県】御菓子司 笹屋友宗「月香」
「柚子の自然な香り。ネーミングの美しさも素敵です」(川畑洋子さん)。岡山県産柚子をすりおろし、糸寒天、ザラメと合わせて炊いた繊細なお菓子。月の光をお菓子に映したような色あいも印象的。1セット¥1,482(約22個)。箱入りは箱代別途。※注文は電話、手紙で。

●岡山県岡山市北区表町1の11の1
☎086・222・4840

ここもおすすめ!

【鳥取県】寿製菓「因幡の白うさぎ」
神話をモチーフにした焼き菓子。大山バターを練り込んだ生地に黄身あんが包まれ、ほっこり、懐かしい味。「動物をかたどったお菓子は全国にありますが、鳥取はやはり白うさぎ。かわいらしさが魅力です」(名越康子さん)。¥550(5個入り) 

●鳥取県米子市旗ヶ崎2028 
0120・81・5102
www.okashinet.co.jp/

What's New新着記事

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング