美容業界のJマダムがこっそり教える「ホンネ美容情報」 五選

2017年7月3日
多くの美容情報の中から、エクラ世代の肌を変える力をもつ"効くコスメ・施術"を鋭く見ぬき、それらを駆使して美肌をキープしつづける美容業界のJマダムたち。そんな彼女たちが私的にハマっている特上の美容ネタ、ホントは人に教えたくない情報をスクープ。その魅力を、リアルボイスとともに惜しみなくお届け。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.あらゆるダメージ要因から守る日焼け止めに更新
肌のエイジングサインの要因は、遺伝20%、環境80%という衝撃的事実が判明! そのため今季は、紫外線だけにとどまらず、大気汚染や赤外線、ブルーライトなど、肌ダメージとなる環境要因から守る日焼け止めを各社が発表。なかでも、人気が高かったのがSK–Ⅱ。「いつもは花粉症が重く肌まで荒れるのですが、これのおかげで肌調子がいいままのりきれました。PM2.5などが多く飛んでいる日も、これがあれば安心」(美容編集Y)。

軽い使用感ながら、老化の3大要因、紫外線、大気汚染、赤外線から徹底防御。4週間後には、しわもシミも軽減したという肌データあり。アトモスフィア エアリー ライト UVエマルジョン SPF30・PA+++ 30g¥7,500(編集部調べ)/SK-Ⅱ
2.揺らぎがちな肌をすーっと落ち着かせるミスト
息も絶え絶えだったカブト虫に吹きかけたら復活したなど、数々の奇跡を起こしたとうわさされ、美容のプロたちにも信奉者の多いこのミスト。「今さらと思わず使ってほしい。年齢とともに敏感になりコスメが合わなくなったり、効きが悪くなった大人の揺らぎ肌に。お手入れの初めに吹きかけると、肌は落ち着きを取り戻し、スキンケアコスメの浸透も効きもよくなるんです」(美容ジャーナリストO)。「撮影の際、必ず使っています。ミストで肌をなだめれば、化粧のりも格段にアップ」(ヘア&メイクY)。

バリア機能を高める、絶妙なミネラルの配合率を誇る温泉水100%ミスト。敏感肌をはじめ、赤ちゃんにも使える。アベンヌ ウオーター 50g ¥700・150g ¥1,500・300g ¥2,200(3点とも編集部調べ)/ピエール ファーブル ジャポン
3.「最近、なんだか調子がいい」の秘密はこれ
たたずまいは一見、大人しく地味め……。でも、どんなにカラカラに乾いた肌も使い続けるほどに潤い体質に変えるパワフルさを潜ませている、ある意味いいギャップがある米肌の看板化粧水。化粧水の目利き、美容家Kいわく。「お手ごろ価格ながら、かなりの実力派ですね。不調時や乾燥時に使うと、何をつけても乾く肌が内側からふっくらと潤うのを実感できるんです。しかも、使い続けると、日中、乾燥しづらくなっていくのもすばらしい」。

お米と発酵の力を凝縮した保湿化粧水は、乾燥して硬くなった肌を隅々まで潤いで満たして、もっちり感をキープ。国から潤い改善効果のお墨付きをもらっている成分、ライスパワー®No.11を配合。米肌 肌潤化粧水 120㎖ ¥5,000/コーセープロビジョン
4.周囲がザワつく、整形級アイクリーム
目の下のたるみや茶ぐまが気になる美容編集Hは、いつも疲れて見えるのが悩み。そんな彼女が虜になっているのが美容医療着想のこちらのクリーム。「あきらめぎみになっていましたが、このクリームの効きは整形級! 下まぶたの腫れぼったさが薄れ、いきいき感が格段に上がりました! 重くなってきた上まぶたのたるみにもいい感じ!」(編集H)。周囲に「ついに美容医療で、目もとのたるみ肉をとったの?」と勘違いされているらしい。

医療現場で使用する眼瞼下垂を緩和する目薬から発想を得て、独自の処方を開発。ゆるんだまぶたの筋肉の収縮をサポートしつつ、真皮のハリを支えるコラーゲンとエラスチンを強化。エピステーム アイパーフェクトショット 18ℊ¥11,000(9ℊ¥6,500もあり)/ロート製薬
5.お風呂につかりながら頑固なセルライトを解消
運動や食事制限をしてもなかなか解消できない、おなかや太ももについた頑固な脂肪のかたまり、セルライトをなんとかしたい人は多いはず。「いろいろな施術やマシーンを使ってきましたが、なかでもこれは便利なうえにセルライトに即効性が高いと思いました。防水性なのでお風呂にぼーっとつかりながら、気になる部分に当てるだけ。使いはじめて1カ月、きつかったスカートのフックが楽々とまるようになり、うれしいです♪」(美容ライターA)。

美容効果が出やすい体になるよう温める機能、深部まで浸透して凝り固まったセルライトやお肉にアプローチする機能。そして筋肉を刺激してドレナージュする機能の3つを組み合わせている。フェイスモードも搭載。RF ボーテ キャビスパ RF コア¥34,000/ヤーマン

What's New新着記事

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング