50代の手土産④:お世話になった方へのご挨拶、これで失敗なし!

2017年7月25日
夏の手土産選びで、意外と迷うのがお世話になった方々へのご挨拶の品。無難なものでは心がこもっていないようだし、凝り過ぎても好みに合わない可能性が。今こそ、Jマダムたちたちのお知恵拝借!
笹ほたる/紫野和久傳
チームJマダムの中でも特にグルメ通なSさん。流行のスイーツから地方の隠れた名品まで、とにかく詳しい。そんなSさんが目上の方に喜ばれると太鼓判を押しているスイーツが、紫野和久傳の水羊羹。

「抹茶あんの水羊羹の中に、ほうじ茶の琥珀羹が丸く浮かんでいる姿が、まるで笹の葉にとまる蛍のよう。夏季限定で見た目も珍しいので、年配の方にお持ちすると本当に喜ばれます。繊細な口溶けの水羊羹とプリッとした琥珀羹との対比も楽しい」

品のいい小ぶりな折箱に四角い水羊羹がひと棹。切り分けていただく。
5~8月の夏季限定商品。消費期限は製造日から4日間なので、お取り寄せの際には気をつけて。

季節の羊羹 笹ほたる
¥2000(税抜)/紫野和久傳
http://www.wakuden.jp/
清水白桃ゼリー/福寿堂秀信
大阪在住のAさんがおすすめするのは、関西では有名な老舗和菓子店のスイーツ。

「娘の学校のPTA役員をしていた際、お母さま方のお食事会の席でデザートとして福寿堂秀信の清水白桃ゼリーをご用意したところ、甘さも見た目もとても上品だと皆さんに絶賛されました。この和菓子屋さんのお菓子は以前から大好きで、よく手土産のお世話になっています」

岡山県産の清水白桃の果肉と果汁をブレンドした和風ゼリー。とてもみずみずしく、桃の香りもかぐわしい。
4月下旬~8月下旬の期間限定発売。

清水白桃ゼリー
6個入り ¥2300(税抜)など/福寿堂秀信
http://www.fukujudo-hidenobu.co.jp
播磨喜水/播磨喜水
日持ちがして、暑い夏でも老若男女問わずおいしくいただける手土産といえば、素麺。Iさんがおすすめする素麺は、そんじょそこらの素麺とはまったく違う、新感覚の手延べ麺だ。

「播磨喜水の手延べ麺はコシがありもちもちしていて、一般的な素麺とは違うおいしさ。のびないので冷製パスタにもぴったり。スイーツの手土産が重なりそうなときや、ご家族で召し上がっていただきたいときにお持ちしています。パッケージもおしゃれで会話に花が咲きます」

食感や味わいの違う4種類があるので、料理の幅も広がりそう。

播磨喜水
贈答用のギフトセット(¥3000など)や期間限定のおすすめセットあり/播磨喜水
http://harima-kissui.jp/shopping/

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

FEATURE
ランキング