世界24都市の時間を刻む「エルメス」の新作時計とともに旅に出よう

スポーティでありながら改まった場面にも通用する品格をもち、機能性も充実している大きめダイヤルの腕時計。「エルメス」の新作時計は、「アルソー」の文字盤にカレ「乗馬の世界地図」のモチーフを転写。メゾンの世界観を体現する。

HERMÈS(エルメス)

エルメス

世界中の都市を自由に往来する美しい翼を携えて

「アルソー」の文字盤にカレ「乗馬の世界地図」のモチーフを転写した、メゾンの世界観を体現する新作時計。独自開発のモジュールによって、ホームタイムと目的地の時刻を瞬時に表示。さらにプッシュボタンを操作すれば、世界24都市の現地時間を知ることもできる。それは、従来の時計のカテゴライズでは物語れないトラべリングタイム。ひとりの時間を楽しむとき、まだ見ぬ都市の時間を追いながら、未知なる冒険を空想する旅に出てみよう。

時計「アルソー ル タン ヴォヤジャー」(38㎜/SS、ガルバニック加工文字盤、自動巻き、パワーリザーブ40時間、サファイアケースバック、レザーストラップ「ヴォー・スウィフト」)¥2,695,000(予価)・ネックレス「トルサード」¥797,500・ニット¥270,600/エルメスジャポン(エルメス) 乗馬用キャップ/スタイリスト私物

職人の手で作り上げられた 時計が、毎日を楽しくする

©Joël Von Allmen

職人の手で作り上げられた時計が、毎日を楽しくする

エルメスは1837年に馬具工房として創業。3代目社長のエミール・エルメスの時代に、服やバッグ、スカーフなどをとりいれ、社会の変化に柔軟に対応するさまざまな製品を製作するようになった。1928年に時計を発売。1978年スイス・ビエンヌにエルメス・オルロジェ社を設立し、時計製造に本格参入。最初に発表された自社開発コレクションは「アルソー」だった。エルメスの時計は、独自の時の解釈によって作られるオブジェのような存在。自由気ままな雰囲気を愛おしんで。

「アルソー ル タン ヴォヤジャー」¥2,695,000(予価)/エルメスジャポン(エルメス)

●エルメスジャポン

☎03・3569・3300

https://www.hermes.com/

  • 日常使いから一生ものまで「50代にふさわしい腕時計」2022版

    日常使いから一生ものまで「50代にふさわしい腕時計」2022版

    日常使いから一生ものまで、大人にふさわしい腕時計が欲しい。入手困難と話題を集めているオメガ×スウォッチのコラボレーション「ムーンスウォッチ」やアラフィー世代のファッションリーダー大草直子さんが選ぶ腕時計をご紹介。ロレックス、シャネル、IWC、パテック フィリップetc.人気ブランドの腕時計が勢ぞろい!

What's New

Feature
Ranking