これから買う1本を決められる!Jマダムに合う究極の時計 五選

2017年7月24日
「アラウンド50だから、いい時計を手に入れたい」とは、Jマダムの誰もが抱く思い。これから"最後の一本"を選ぶには、感覚だけでなく知識も必要。迷えるエクラ世代におすすめの時計を、カルティエとブレゲの時計からエキスパートたちが厳選!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.カルティエ「タンク アメリカン MM」(藤岡さん)
フェミニン&マスキュリンを体現する、タンクウォッチ。「広く一般におすすめするとなると、やはりカルティエの時計ですね」と藤岡さん。「"タンク アメリカン"のMMサイズは強調される直線が男性的な一方で、柔らかにカーブする姿が女らしさも醸し出してくれます。おしゃれのキャリアを積んだJマダムなら、幅広いファッションにフィットできるはず。

「タンク アメリカン MM」(41.6×22.6㎜、PG、自動巻き、アリゲーターストラップ)¥1,360,000/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ)
2.カルティエ「ベニュワール SM」(藤岡さん)
「カルティエの"ベニュワール"は、女らしいエレガンスをストレートに演出します。なめらかな楕円形は腕に優しく寄り添い、いくつになっても女らしくありたいと思わせてくれます。ダイヤモンドがセットされていても、派手すぎないのも魅力です」。

「ベニュワール SM」(31.6×24.5㎜、PG×D、クォーツ)¥3,620,000/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ)
3.カルティエ「パンテール ドゥ カルティエ SM」(香山さん)
カルティエからブレスレットがしなやかになったフェミニンなスクエアウォッチを選んだ香山さん。「カルティエの時計はデザインが秀逸です。今年の新作"パンテール ドゥ カルティエ"は、丸みを帯びた優しいラインが魅力。ジュエリーとして身につけることのできる代表的な時計といえます」。

「パンテール ドゥ カルティエ SM」(22×30㎜、PG、クォーツ)¥2,050,000/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ)
4.ブレゲ「クイーン オブ
ネイプルズ 8928」(香山さん)
ブレゲの"クイーン オブ ネイプルズ"については、高級時計としての魅力とともに、その歴史的背景にも思いを馳せたいという。「ついひとくくりにしがちですが、歴史上、ヨーロッパでは時計は王侯貴族のための高級品でした。その代表格が、マリー・アントワネットや、ナポレオンの妹らを顧客としたブレゲの時計。一方、鉄道など交通網が発達した近代社会で、時を広く共有する必要があって生まれた時計もあります。日本の時計はこちらのタイプで、実用性を重視して今日まで発展してきました。そんなバックグラウンドもお知りになったうえで、これからの一本を選んでいただくとよいのではないでしょうか」。

「クイーン オブ ネイプルズ 8928」(33×24.95㎜、WG×D、MOP文字盤、自動巻き、サテンストラップ)¥3,910,000/ブレゲ ブティック銀座(ブレゲ)
5.ブレゲ「クラシック ムーンフェイズ レディ 9088」(広田さん)
ブレゲの"クラシック"は、工芸的な美しさを備えた本格的機械式時計。「男性から見たレディスモデルの白眉。30㎜径というほどよいサイズに、美しい本物のエナメル文字盤がのっている。ケースやムーブメントの仕上げも申しぶんありません」。月齢表示のムーンフェイズは、女性にふさわしい優雅な機構だ。

「クラシック ムーンフェイズ レディ 9088」(30㎜径、WG×D、自動巻き、ムーンフェイズ、アリゲーターストラップ)¥3,110,000/ブレゲ ブティック銀座(ブレゲ)
お話をうかがった3名の賢者たち
『世界の腕時計』編集長・香山知子さん
男性時計ファンのバイブル的雑誌を長年編集、’96年より現職。「これまでに手放した時計もあります。一生ものと決めつけず、リセールや親しいかたに譲ることも考えて」。

ファッションジャーナリスト・藤岡篤子さん
コレクションのトレンド分析など、ファッション分野で活躍。バーゼルの時計見本市の取材経験もあり。今回は、自身の経験をベースにおすすめを提案してもらった。

『クロノス日本版』編集長・広田雅将さん
時計好きが高じ、’04年からフリージャーナリストとして活動、’16年より現職。『朝日新聞&M』『GQ JAPAN』などで連載多数。ドイツの時計賞"Watchstars"審査員。

What's New新着記事

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

  • 頼れる「美パンプス」は、この一足! 五選

    若いころのように、ハイヒールで一日中仕事をすることができないアラフィー女性のために、履き心地抜群でしかもデザイン性にも優れた、才色兼備な逸品をピックアップ!「パンプスなのに走れる」と巷で噂のロックポートや、絶妙なフィット感が得られると評判の、日本人デザイナーが日本人女性のために作った靴をご紹介。

    eclat五選

    2018年8月18日

  • ベストセラー&話題の本から今の時代をズバッと読み解く! 五選

    売れた本には、時代の気分が反映されているもの。本誌書評連載でも鋭い視点でおなじみの文芸評論家・斎藤美奈子さんが、この一年の本の傾向に切り込む!

    eclat五選

    2018年8月17日

  • 大人を本当に美しくする、藤原美智子のメイクアップ術 五選

    「ナチュラルでいたいからノーファンデ!」のような、自己流美容を貫いてませんか? 大事と信じていたことが、実は意味のないことだったり、やりすぎが老け肌の原因だったり……。今のきれいに必要なメイクについて、「ツヤ」と「線」が主役で色は脇役と心得る、ヘア&メイクアップアーティスト藤原美智子さんが語ります。

    eclat五選

    2018年8月17日

  • ワクワクを楽しむ服。「富岡さん、大人のGucciに夢中です」 五選

    深まる季節に誘われるかのようにおしゃれへの思いが強まっていく、秋。年齢を重ねた今、改めて装うことの楽しみを教えてくれるGucciの新作に心ときめかせて。

    eclat五選

    2018年8月15日

FEATURE
ランキング