夏の黒は、"元気な"黒 ~亜希さんのセルフスタイリング~ 五選

2017年7月29日
真夏の強い光に映える黒は、一方で"暑苦しさ"や"重たさ"と隣合わせの色でも。夏の黒を元気いっぱい、軽やかに着るアイデアを、モデル・亜希さんのセルフスタイリングでお届け!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.思わず走り出したくなるような
遊び心がつまったドットワンピ
「黒のワンピースがもつ、シックなイメージを覆すような、遊び心がたっぷりつまったヴィンテージのワンピース。これなら大人が変にしっとりしたりも、老けたりもせず、ヘルシーに見えるんじゃないかって、ひと目惚れしました。着てみてさらに実感! 駆けまわりたくなるような、元気をたくさんもらいました」。

ワンピース¥231,000/CPCM(vintage) 靴¥34,000/ビームス ハウス 六本木(イル・サンダロ・オブ・カプリ)
2.いつものポロを黒に替えて、上品カジュアルを完成
「ポロシャツを着ている女性が大好きなのですが、カジュアルすぎるという声もよく聞きます。でも、黒ならほら、こんなに上品! ワイドパンツと合わせて、今年らしいシルエットで」。

ポロシャツ¥22,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) パンツ¥38,000/WEST(ブルーバードブルバード) ハット¥55,000/ビームス ハウス 六本木(ボルサリーノ) 手首に巻いたスカーフ¥7,000/エリオポール銀座(マニプリ)
3.黒がベースにあれば、花柄ブラウスにもトライできる
「フェミニンな花柄のブラウスも、黒がベースなら臆せず着られるはず。風に揺れる少し広がった袖が、軽やかな印象の一枚を、黒のサテンパンツとコーディネート。はき慣れたデニムと一緒に着こなすのも、素敵だと思います」。

トップス¥33,000・パンツ¥29,000(共布ベルトつき)/ミュラー オブ ヨシオクボ ネックレス¥18,000/CPCM(SKY DOG JEWELRY)
4.黒のジャケットでなら、潔い女らしさがかなう
「コンパクトなサイズ感の黒ジャケットを、あえてネイビーのレースつきタンクトップに重ねてみました。黒ジャケットならセクシーすぎず、潔い女らしさがかなうと思います」。

セットアップ¥105,000/トレメッツォ(タリアトーレ) タンクトップ¥18,000/マスターピースショールーム(サイ) ブレスレットにしたネックレス¥48,000・バングル¥25,000(ともにFANTASTICMAN)・リング¥32,000(R.ALAGAN)/以上CPCM
5.とびきり華やかな黒靴を、ゆるりとした着こなしに
「誰しも持っている黒い靴を、実は私、持っていないんです。それくらい、黒のアイテムとは縁遠い(笑)。そんな私の心が動いた黒い靴が、このビジューつきのペタンコ靴。ヒール靴じゃないというところが好き。足もとだけ女っぽく、ほかはゆるりと。このバランスは夏の黒ならではです」。

靴¥93,000/シジェーム ギンザ(NINA RICCI) ワンピース¥95,000・リング¥14,000/CPCM(vintage) インに着たワンピース/本人私物

What's New新着記事

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

  • 頼れる「美パンプス」は、この一足! 五選

    若いころのように、ハイヒールで一日中仕事をすることができないアラフィー女性のために、履き心地抜群でしかもデザイン性にも優れた、才色兼備な逸品をピックアップ!「パンプスなのに走れる」と巷で噂のロックポートや、絶妙なフィット感が得られると評判の、日本人デザイナーが日本人女性のために作った靴をご紹介。

    eclat五選

    2018年8月18日

  • ベストセラー&話題の本から今の時代をズバッと読み解く! 五選

    売れた本には、時代の気分が反映されているもの。本誌書評連載でも鋭い視点でおなじみの文芸評論家・斎藤美奈子さんが、この一年の本の傾向に切り込む!

    eclat五選

    2018年8月17日

  • 大人を本当に美しくする、藤原美智子のメイクアップ術 五選

    「ナチュラルでいたいからノーファンデ!」のような、自己流美容を貫いてませんか? 大事と信じていたことが、実は意味のないことだったり、やりすぎが老け肌の原因だったり……。今のきれいに必要なメイクについて、「ツヤ」と「線」が主役で色は脇役と心得る、ヘア&メイクアップアーティスト藤原美智子さんが語ります。

    eclat五選

    2018年8月17日

  • ワクワクを楽しむ服。「富岡さん、大人のGucciに夢中です」 五選

    深まる季節に誘われるかのようにおしゃれへの思いが強まっていく、秋。年齢を重ねた今、改めて装うことの楽しみを教えてくれるGucciの新作に心ときめかせて。

    eclat五選

    2018年8月15日

FEATURE
ランキング