ピンク・黒・白の3色で魅せる、大人ジュエリーのすすめ 五選

2017年8月4日
ベーシックカラーが基本の大人のスタイルに、ジュエリーで色をさすなら、おすすめは、ピンク・黒・白。この3色をさりげなく取り入れて、なりたい女性像に近づいて。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.レザー×ピンクゴールドで大人の甘辛コーディネート
時を経てもずっと私たちを魅了しつづけてくれる、ヴァン クリーフ&アーペルの「アルハンブラ」モチーフ。肌になじみながら、優雅なムードを加味してくれるピンクゴールドのロングネックレスを、あえて辛口のレザーのトップスに合わせて。ピンクゴールドのもつ可憐さの中に潜む大人の品格が、ぐっと前面に押し出され、エクラ世代にもおすすめ。

チョーカー風に短めにつけたネックレス「ヴィンテージ アルハンブラ」(PG)¥820,000・ロングネックレス「ヴィンテージ アルハンブラ」(PG)¥1,650,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) トップス¥250,000・パンツ¥60,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー)
2.ピンクゴールドビーズが彩るメゾンのクラフツマンシップ
ホワイトゴールドやイエローゴールドにはない、誰もが幸せな気分になるような可憐な魅力をたたえたピンクゴールド。大人のピンクゴールドはヴァン クリーフ&アーペルから。「ペルレ」は、美しい光沢をたたえたゴールドビーズが特徴。丹念に磨かれたゴールドが柔らかく光を反射し、優しく温かみのある輝きを放つ。まばゆい1連ブレスレットや、ダイヤモンドがちりばめられたブレスレットなど、種類の違うものを何本も重ねれば、優雅なピンクの光の戯れを堪能できる。

〈上から〉「ペルレ ゴールド パール ブレスレット」(PG)¥460,000・「ペルレ ダイヤモンド ブレスレット」(PG×D)¥4,125,000・「ペルレ シニアチュール ブレスレット」(PG)¥645,000・「ペルレ クローバー ブレスレット」(PG×D)¥2,625,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル)
3.バロックパールだからこそのナチュラルな黒を実感して
黒蝶真珠と白蝶真珠、2つのバロックパールを連ね、そのボリュームに見合うダイヤモンドパヴェを組み合わせたピアス。耳たぶを彩る合計3.04ctのパヴェボールは、複数のカットのダイヤモンドをランダムにセッティングし、光の当たり方や角度で個性的な輝きを放つ。ダイヤモンドとホワイトバロックパールが、約15.43~20.41㎜の大粒ブラックパールの存在感をより圧倒的なものにし、大人の横顔をこのうえなく美しく演出してくれる逸品だ。

ピアス(WG×黒蝶真珠×白蝶真珠×D)¥4,300,000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) バックレースニット¥63,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー)
4.デザインで楽しむ、3つのブラックパールリング
フォーマルな印象になりがちだった黒蝶真珠。真珠のすべてを知りつくすミキモトが選びぬいたナチュラルなバロックパールや、斬新なデザインのジュエリーなら、その気品を自然体で楽しめるはず。右のリングは約10~10.5㎜の黒蝶真珠を窓のような枠で囲んだ斬新なデザイン。あえて崩した四角形と真珠の丸いフォルムのバランスが秀逸。左上のリングは約11~12㎜の黒蝶真珠のバロックパールを使用。整然と並んだダイヤモンドのクラシカルなデザインと、バロックパールの組み合わせがモダン。左下のリングは黒蝶真珠約10.5~11㎜。同じ大きさのダイヤモンドをリズミカルに並べ、ミル打ちで飾ったデザイン。クラシカルな技法やスタイルを取り入れながらもディテールの工夫によって新鮮に。

<右>リング(WG×黒蝶真珠×D)¥460,000・<左上>リング(WG×黒蝶真珠×D)¥415,000・<左下>リング(PT×黒蝶真珠×D)¥590,000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト)
5.自分の内面と響き合う相性のいいカットを見つけて
白い輝きの代表といえば、究極の透明感をもつホワイトダイヤモンド。希少な大粒の石と気品あふれるデザインで、「21世紀のキング オブ ダイヤモンド」と称されるグラフの名品こそ、私たちが今、手に入れたいダイヤモンド。知れば知るほど、さまざまなカットによって導き出される、この石の無限の魅力に気づくもの。その特徴と輝きをきちんと見極め、カットごとの個性を愛することができる女性こそが真のJマダム。

リング〈上から〉「ザ グラフ フレーム」(PT×D)¥2,407,408・1.25ctのオーバルダイヤモンドの両わきにはテーパーバゲットダイヤモンド。気品あふれるデザイン。「ザ グラフ プロミス」(PT×D)¥3,148,149・ラウンドダイヤモンドとバゲットダイヤモンドが見事な光の帯を描き出す。ブレスレット(WG×D)¥4,722,223/グラフダイヤモンズジャパン(グラフ)

What's New新着記事

  • 目利きのプロが分析、ミラノのベーシック&モダンな着こなし 五選

    「ミラノには新旧のマダムスタイルが素敵に混在する」と話すのは、大人のセレクトショップ『ストラスブルゴ』の執行役員、植原ほのさん。今までのミラノ訪問は15年間べ約60回。「地区ごとにおしゃれのムードが変わり、ミラノマダムの存在感が再び浮き彫りになって、これからが楽しみ」という植原さんが、ミラノマダムのベーシック&モダンなスタイルを解説。

    eclat五選

    2017年8月20日

  • 豊かな香りもごちそう 日本の夏、香味野菜の夏!

    さわやかな香りとすっきりした辛味、ほろ苦さが魅力の夏の香味野菜。eclat9月号ではおもてなしにも使える香味満載の絶品レシピをご紹介。

    eclat五選

    2017年8月19日

  • 狐野扶実子さんが解説!パリジェンヌのお仕事&オフスタイル 五選

    パリ在住後、現在も年に5〜6回渡航している狐野扶実子さん。「自分を見て選ぶ」ことが日常的に身についているパリマダムたちを見て、「着たい服と似合う服は違うんだと、私にはそれがとても新鮮な発見でした。いい意味でおしゃれが自分本位。装うことを楽しむ姿勢がとても健康的で素敵です。」と話す狐野さんが、パリジェンヌのお仕事着ルールとオフスタイルを分析!

    eclat五選

    2017年8月18日

  • お盆を過ぎたら「辛口ドラマティックカーキ」 五選

    まだまだ暑い日々が続くとはいえ、どことなく秋の訪れを意識しはじめるのがお盆を過ぎた8月中旬〜下旬にかけて。夏の空気感にも秋の気配にも似合う辛口カーキで、おしゃれがむずかしい、季節の変わり目をのりきって!

    eclat五選

    2017年8月17日

  • 代々受け継がれたことや手法 “絶対に持ち帰りたい盛岡の手みやげ”

    代々受け継がれたこと、守り続けた手法が今へ、次の世代へ。eclat9月号では、思い出とともにバッグに入れて持ち帰りたい、目をかけ手をつくした端正な品々をご紹介。

    eclat五選

    2017年8月16日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

  • 全国津々浦々J47

    都道府県コンシェルジュやエクラトラベル班が全国のとっておきの情報を発信!

  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

ランキング