50代、友人宅を訪れたらインテリアでチェックするのは…

インテリア愛が強いJマダムたち。家族にはあれこれ要望があるし、友人宅を訪ねれば当然しっかりインテリアをチェック。インテリアにまつわるJマダムたちの、表からは見えない心理とはいったい⁉
50代、友人宅を訪れたらインテリアでチェックするのは…_1_1
Jマダムたちが自宅リビング・ダイニング(以下LD)のインテリアにかける情熱は並々ならないものがある。一番こだわっているのはどんなことなのか聞いてみた。
いろいろな意見が出たが、多かったのが「ソファや棚、ダイニングセットなど大型家具のセレクト」(30ポイント)。そして、「LD全体のカラーリングを統一すること」と「掃除や片付けを徹底して生活感を出さないこと」(各26ポイント)、「花やオブジェなど雑貨類の飾り方」(14ポイント)と続く。つまり、自分のセンスを最大限に反映させたお気に入りのLDを、誰にもにも邪魔されず美しくキープすることに意義を感じる人が多いようだ。
中には、「家族同然の犬、猫、金魚との共存が最低条件。この子たちに危険だと思うものはすべて排除したインテリアにします」(Mさん)や、「私の趣味のシルクフラワーなどハンドメイド作品をうまく取り入れて、癒しの空間にしています」(Sさん)といった声も。
50代、友人宅を訪れたらインテリアでチェックするのは…_1_2
インテリア好きが友人の家を訪問すれば、当然その家のインテリアにも目がいく。どんな点に注目しているのかを聞いた結果が上のグラフ。圧倒的多数で、「インテリアのスタイル」が一位だった。「全体の統一感や、その人のキャラクターが反映されているかが気になります」(Mさん)というように、その家の主、引いてはインテリアの実権を握っているであろう女友達のセンスを伺っているということか…。
グラフのベスト6以外にも、「壁紙や壁の飾り方」や「窓辺の飾り方」、「書類など雑多なものの収納方法」が気になるといった声も。センスをチェックするというよりは、我が家のインテリアの参考にしたいという心理のようだ。
50代、友人宅を訪れたらインテリアでチェックするのは…_1_3
生活感を出さずに美しいインテリアを楽しみたい。そんなJマダムにとってちょっぴりネックとなるのが、一緒に暮らす家族の存在。Jマダムに協力的な家族ばかりとは言えないようで…。
家族にされてい一番イヤなことは何かを複数回答で聞いてみた。1位はズバリ、「新聞や手紙をテーブルに放置」と「ソファや椅子に服をかけっぱなし」(各26ポイント)。次は「LDのセンスに合わない、個人的な趣味のものを勝手に飾る」と「椅子やラグなどに飲食物のシミをつける」(各18ポイント)だった。
ほかにも、「家電選びの決定権を夫に握られている」や「チープな雑貨や土産物を勝手に飾る」、「私物を置きっぱなし」「使ったコップなどが放置してある」「ソファからクッションを落とす」「ゴミ箱からゴミがはみ出ていても気にしない無神経さ」など、Jマダムたちの不満はとどまるところを知らない様子。
「ホテルのようなラグジュアリーな空間を目指し、家具もじっくり検討して選んだものばかり。仕事で多忙ですが整理整頓と掃除は常に行き届いていると自負しています。なのに…なのに、散らかすんです、家族みんな! どんなに片付けても追いつきません(涙)」(Mさん)
多少散らかっているくらいのほうが落ち着く、という人もいるのでしょう。文句を言いながらもうまく譲り合いながら平和に暮らしていけるのも、人生経験を積んだJマダムの家庭ならでは、なのかも。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング