50代女性のホンネ:私だけの密かな楽しみとは……

仕事や家庭、子育て&子離れ、夫との関係、親の介護、異性関係……などさまざまな問題を抱えているアラフィフ世代。それでもJマダムのみなさんが前を向いて元気に歩いていけるのは、趣味や好きなことを持っているから? みんなの”自分だけのひそかな楽しみ”を教えてもらった。
50代女性のホンネ:私だけの密かな楽しみとは……_1_1
自分だけの楽しみとして多かったのが、アーティストのライブ。「桑田佳祐さんの追っかけで、全国に行きます。そのたびにグッズも買うので、家にはTシャツやらがいっぱい」(I・45歳)、「元アイドルの石野真子さんが好きで、たまにですがライブやコンサートに行きます。夫には知られても構わないのですが、友人知人には引かれてしまうと思うので話していません。ここに書くのも恥ずかしい…」(H・52歳)。いえいえ、そんな。フットワーク軽くどこまでも”追っかけ”できるのは、若い証拠! また、フィギュアスケートの羽生結弦選手の追っかけも多かった。「ゆづの行くところなら日本全国はもちろん、海外の大会へも。自分で稼いだお金で行くので、誰にも文句を言わせません(笑)」(G・54歳)。50代、毎日がまだまだ楽しくなる予感……。
50代女性のホンネ:私だけの密かな楽しみとは……_1_2
密かな楽しみ”あるある”では、「器コレクション。素敵なものに出会うとついお迎えしてしまいます。夫が知らない(気づいていない)もの多数」(M・50歳)、「ネットフリマにハマっています。昔、主人が出張のお土産で買ってきてくれた”趣味じゃない”スカーフを出品してヘソクリにしたり、代わりにお気に入りの素敵なスカーフを購入したり」(N・55歳)。そしてこんな声も。「セクシーな下着を身につけたくて、アンダーヘアを脱毛したいと思っている」(T・49歳)、「数年前からVIO(デリケートゾーン)の脱毛を進めている。夫には『自分が好きだね〜』と突き放されていますが、白髪になる前にツルツルにするのが目標です!」(K・47歳)。なんだかとっても清々しい。そう、そろそろ”自分最優先”で生きてもいいのかも!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング