50代女性のホンネ:私だけの密かな楽しみとは……

2017年8月26日
仕事や家庭、子育て&子離れ、夫との関係、親の介護、異性関係……などさまざまな問題を抱えているアラフィフ世代。それでもJマダムのみなさんが前を向いて元気に歩いていけるのは、趣味や好きなことを持っているから? みんなの”自分だけのひそかな楽しみ”を教えてもらった。
自分だけの楽しみとして多かったのが、アーティストのライブ。「桑田佳祐さんの追っかけで、全国に行きます。そのたびにグッズも買うので、家にはTシャツやらがいっぱい」(I・45歳)、「元アイドルの石野真子さんが好きで、たまにですがライブやコンサートに行きます。夫には知られても構わないのですが、友人知人には引かれてしまうと思うので話していません。ここに書くのも恥ずかしい…」(H・52歳)。いえいえ、そんな。フットワーク軽くどこまでも”追っかけ”できるのは、若い証拠! また、フィギュアスケートの羽生結弦選手の追っかけも多かった。「ゆづの行くところなら日本全国はもちろん、海外の大会へも。自分で稼いだお金で行くので、誰にも文句を言わせません(笑)」(G・54歳)。50代、毎日がまだまだ楽しくなる予感……。
密かな楽しみ”あるある”では、「器コレクション。素敵なものに出会うとついお迎えしてしまいます。夫が知らない(気づいていない)もの多数」(M・50歳)、「ネットフリマにハマっています。昔、主人が出張のお土産で買ってきてくれた”趣味じゃない”スカーフを出品してヘソクリにしたり、代わりにお気に入りの素敵なスカーフを購入したり」(N・55歳)。そしてこんな声も。「セクシーな下着を身につけたくて、アンダーヘアを脱毛したいと思っている」(T・49歳)、「数年前からVIO(デリケートゾーン)の脱毛を進めている。夫には『自分が好きだね〜』と突き放されていますが、白髪になる前にツルツルにするのが目標です!」(K・47歳)。なんだかとっても清々しい。そう、そろそろ”自分最優先”で生きてもいいのかも!

What's New新着記事

  • 50代女性のホンネ:ホントは自慢したいこと

    50代ともなればもう若い頃にように「私は〜なの!」とわざわざ周囲に自分をアピールすることはないけれど、実は自分でも誇りに思っていること、ものがあるのでは? そこで「あえて自慢しないけれど、ホントは自慢したいこと」について聞いてみたところ……Jマダムたちがますます輝き続ける理由がわかってきた。

    裏エクラ

    2017年9月9日

  • 50代女性のホンネ:女性同士のおつきあい、本当はどう?

    エクラ8月号特集『50歳からの女友だち』によれば、多くの人が「親友」と呼べる人を持ち、概ね良好な”女友だち関係”をキープしている様子。「年齢が上がるほど友だちを作るのはむずかしい」と言われるが、50歳以降に友だちができたJマダムは7割という結果となった。とはいえ、仲のいい友だちとだけつきあっていられないのが人生というもの。いったんこじれると厄介な女性同士のつきあい、Jマダムはどう乗り切っている?

    裏エクラ

    2017年7月8日

  • 50代女性のホンネ:これだけは言っておきたい! 夫に注文したいこと

    「夫編」第3弾。ここまでやってきたのだから、とりあえず添い遂げよう。そう思ってはいるけれど、やっぱり言っておきたいことがある。希望と期待、そして諦め(!)まで、Jマダムの胸の内を聞かせてもらった。

    裏エクラ

    2017年6月19日

  • 50代女性のホンネ:夫に関して、困っていること、悩んでいること

    Jマダムのホンネ「夫編」第2弾。離婚を考えている人だけでなく、そうでない人にも「夫に言いたいこと、今だから言えること」があるはず。不平不満、注文、もちろん感謝の言葉も含めてご紹介!

    裏エクラ

    2017年6月3日

  • 50代女性のホンネ:離婚を考えたこと、ある? ない?

    老いていく両親、義両親のことを始めあれこれ問題を抱えた時、Jマダムの多くは「自力で解決」しようとする、あるいは、していた。もちろんそれだけの”強さ”と”知恵”を持っているからだが、実は「夫は頼りにならない」という声もチラホラ。そこで今回は、「夫」について聞いてみた。振り返れば、結婚生活もン十年。Jマダムにとって「夫」はどんな存在なのだろう。

    裏エクラ

    2017年5月20日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング