50代の夏バテ対策①:Jマダムたちの睡眠事情。夫と寝室は…!

夏の疲れがピークを迎えるこの時期、体調不良に悩まされるJマダムが多いようだ。少しでも夏バテを回避するためにJマダムたちがこだわっていることの1位は、睡眠。50代女性の睡眠事情に迫る!
50代の夏バテ対策①:Jマダムたちの睡眠事情。夫と寝室は…!_1_1
「だるくて家事や仕事に身が入らない」「疲れがとれなくて日中のうたた寝が増えた」。そんな夏バテ症状に悩まされているJマダムたちは多いが、少しでも夏バテを防ぐためにどんなことにこだわっているのかを、複数回答で聞いてみた。その結果が下のグラフだ。
1位は58ポイントを獲得した「睡眠・睡眠環境」。睡眠時間を多めにとるように心がけたり、寝具選びや寝室の室温調整に気を配ったり。2位は「食事」。スタミナ料理でパワーを注入するタイプと、少しでもお腹に収まるようにあっさり系の料理を好むタイプが半々だった。3位は「室温・体温調節」。日中の冷房温度を高めに設定したり、なるべく冷房をつける時間を短くしたり。ソックスやショールを持ち歩いて、冷房が効きすぎている電車や商業施設、オフィスなどでこまめに体温調節するという声も目立った。4位の「入浴」もそれに関連し、冷房で冷えた体を温めたいと思うJマダムが多いようだ。
50代の夏バテ対策①:Jマダムたちの睡眠事情。夫と寝室は…!_1_2
暑さで寝苦しいと、体力を奪われて夏バテに一直線。夏の睡眠環境は重要だ。Jマダムたちはいったいどんな工夫をしているのだろう。複数回答で聞いたところ、冷感のある敷きパッドや麻のシーツといった寝具の活用よりも、室温コントロールに関することが目立った。もっとも多かったのが「就寝前に冷房をつけて寝室を冷やしておく」(32ポイント)。「冷房ではなく扇風機や冷風機を使う」(26ポイント)、「冷房が就寝1時間後に切れるようにタイマー設定する」(24ポイント)と続く。
「冷房を27度に設定し、扇風機で部屋の空気を循環させるようにしています」(Gさん)「マンションの高層階なので窓を開け放って寝ています。冷房より快適」(Kさん)
50代の夏バテ対策①:Jマダムたちの睡眠事情。夫と寝室は…!_1_3
寝室の温度設定で、夫やパートナーともめるケースもけっこう多いようだ。「住宅街の一戸建てで、この地域はどのお宅も夜間はシャッターをおろします。だからひと晩中冷房フル稼働。夫に合わせた温度設定は私には寒すぎるので、長そで長ズボンのパジャマに羽毛布団をかけて寝ています」(Kさん) 睡眠専門の医師の中には、冷房温度を下げて寝具で体温調節することを薦めている人もいるようなので、案外理にかなっているのかもしれない。ただでさえ暑苦しくイライラしがちな夏の夜に、1度2度の温度設定をめぐってバトルが続くのは不毛だ。賢いJマダムは、心身の健康を保つために合理的に考える。睡眠時の工夫で7位にランクインしたのは、「夫と寝室を分ける」(12ポイント)だった。

次回は、夏バテ予防で一番こだわっていることの2位になった「食事」についてみてみよう。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:私がひそかにハマっていること

    アンチエイジング対策として、スキンケアやボディケアはもちろん、メンタル面の若さを保つことも大切。そのためにも、何か「夢中になれること」があるといいらしい。そこでみなさんに聞いてみました、「ひそかにハマっていること」。メンバーたちは、そしてあなたはどんな沼にハマっている?

    Jマダム通信

    2019年5月26日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

FEATURE
ランキング