50代女性のホンネ:ホントは自慢したいこと

2017年9月9日
50代ともなればもう若い頃にように「私は〜なの!」とわざわざ周囲に自分をアピールすることはないけれど、実は自分でも誇りに思っていること、ものがあるのでは? そこで「あえて自慢しないけれど、ホントは自慢したいこと」について聞いてみたところ……Jマダムたちがますます輝き続ける理由がわかってきた。
「ホントは自慢したいこと」でJマダムに共通しているのは、それが努力の賜物であるということ。「音痴を直したくてこっそりヴォーカル教室へ。だんだん音痴が治り、教室のライブに出演するまでに」(M・53歳)、「実は歌が上手。それは高校時代、音大の声楽科進学を目指してレッスンに通っていたから」(K・47歳)。「社会人になってからのほうが勉強していて、密かにいろいろな資格取得にチャレンジ。なかでも土木関連の1級に一発合格したのには自分でもびっくり」(I・45歳)という頑張り屋さんも。みなさん、単なる”うぬぼれ”ではないのだ。密かにではなく、もっともっと自慢してほしい〜。
肉体改造に努めている人も多い。「筋トレ、ヨガなどを続けていて、腹筋が少しずつ6パックに割れてきた」(N・50歳)、「2年前、ダイエットに成功。筋トレにハマり、デッドリフトで60kg持ち上げられるように。腹筋、割れてます」(KK・51歳)、「3年前から朝ラン。最初は全然走れず、今でもハーフマラソンが限界だけど、体重は10kg落ちました!」(U・48歳)。「雲梯(うんてい)ができるように。先日、ZARAでSサイズのスカートを中学3年の娘と共有で購入」(F・48歳)。いくつになっても筋肉は鍛えられる、体は変えられるというのは本当なのだ。がぜん、勇気とやる気がわいてきた。
身も心も磨き続けるJマダムたちを、誰も放ってはおかないようで。「私って、けっこう(まだまだ)イケてるかもと感じた経験は?」と尋ねると「年齢より若く見られる」「男性からお声がかかった」という人が約8割も。「時々、アラフォーくらいの方からナンパされます」(H・55歳)、「メンズのアパレルショップでおしゃれで感じのいい紳士を見かけました。店を出るとその方から声をかけられて。海外から1か月ほど帰国しているので、『その間に一度、お茶をご一緒いただけませんか?』と。丁重にお断りしましたが、ちょっと後悔する気持ちがあることは否めません」(O・49歳)。映画の1シーンみたい……。「離婚して2年、生活もやっと落ち着き、7歳年下の彼氏ができました。もうすぐ一緒に暮らし始めます」(I・45歳)、お幸せに! 「ミセス日本グランプリ50代ファイナリストに。10月27日のグランプリ大会に出場します」(H・51歳)、がんばって!

What's New新着記事

  • 開運! Jマダムたちが暮らしの中でしていること。

    Jマダムたちには、ふだんの生活の中で特に気にかけていることがある。家族と自分の幸せな暮らしがあるのは、このおかげかも? Jマダムたちの信じているもの、それはいったい?

    Jマダム通信

    2018年7月21日

  • Jマダムが信じているもの、それは?

    年を重ねて、人生の酸いも甘いもさまざま体験してきたJマダムたちには、心のよりどころが各々にあるよう。そんなJマダムたちの風水やパワースポットに対する意識を調査!

    Jマダム通信

    2018年7月7日

  • 愛しのキッチン道具④インテリアにもなる〇〇〇がお気に入り!

    数あるキッチン道具の中でも、Yさんが特に気に入っているのが南部鉄瓶。家庭料理を愛するYさんから見た、南部鉄瓶の魅力をご紹介。

    Jマダム通信

    2018年6月26日

  • アラフィー女性のホンネ:お金のためにやっていること

    景気は上向いてきていると言われるものの、ぐるりと見回せば、食品やお菓子の容量・サイズが小さくなって実質値上げしていたりと油断ならない経済事情。チームJマダムたちはどんな「お金対策」をしている? 聞いてみれば、目からウロコ、コロンブスの卵、灯台下暗し……的なアイデアがたくさん寄せられた。あなたは何から始めてみる?

    Jマダム通信

    2018年6月23日

  • 愛しのキッチン道具③夫婦のコーヒータイムに欠かせない相棒

    夫婦でゆったりとドリップコーヒーを楽しむのが、ここ最近の習慣だというSさん。注ぎ口が細い電気ケトルを手に入れたら、ご主人はすっかり本格的なバリスタ気分に!

    Jマダム通信

    2018年6月19日

FEATURE
ランキング