京都在住ライターがセレクトする 自分用に買って帰りたい京都の味

2017年9月22日
京都には、現地だけでは物足りない、自分用に買って帰りたい京都の味が多く存在。eclat10月号では、京都在住ライターが選ぶ最高の手みやげをご紹介。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.錦市場 大國屋の「えび豆」

 錦市場の川魚専門店。エビ豆とは、琵琶湖産の川エビと大豆を甘辛く炊いた滋賀県の郷土料理であり、店では琵琶湖湖畔から仕入れたものと、店主自らが炊いたものの2種類を用意。自家製は甘さ控えめであっさり。¥420(税込)

中京区錦小路通富小路西入ル東魚屋町177の2 ☎ 075・221・0648 9:00 〜18:00 休水曜 カード不可
2.四条堀川 齋造酢店の「花菱味ぽん酢」

 創業300年を越える酢の老舗。料理店や寿司店への卸しが中心ゆえ、ほとんどの商品が一升瓶サイズでの販売だが、ぽん酢のみ360mlボトルもあり。ユコウや柚子、すだちなど徳島産の柑橘果汁を使い、香りや酸味が爽やか。¥650

中京区六角通油小路東入ル ☎ 075・221・5393 9:00 ~ 17:00 休日曜、祝日 カード不可
3.祇園 ツバメ食品の「ツバメソース」
 
 京都発のソース専門メーカー。どのソースもラベルがレトロ可愛い。ウスターソース500ml ¥360、ウスターソースをタンクで熟成させ、そのタンクの底に溜まったソースを原料にした激辛濃厚味のオリソース500ml ¥380

祇園藤村屋/東山区大和大路四条上ル廿一軒町231 ☎ 075・561・0617 10:00 〜20:00 休日曜
4.錦市場 桝俉の「二番粕」

 看板商品に奈良漬を掲げる漬物店では珍しい奈良漬を漬けた後の酒粕が販売されている。野菜や卵黄は漬けてそのまま食べたり、肉や魚は漬けた後に焼いたり。クリームチーズと合わせてクラッカーにのせればおつまみにも。¥400

中京区錦小路通富小路西入ル ☎ 075・211・5346 9:00 ~ 18:00 無休(元旦を除く)
5.桂 山田製油の「ごまらぁ油」

 ごま屋さん自慢の一番搾りごま油をベースに国産唐辛子やしょうが、長ねぎ、4つのスパイスをプラス。辛さよりもうま味優勢で、香りも格別。そうめんつゆや味噌汁、きんぴらごぼうにたらしたり、和食とも相性抜群。60g ¥500

西京区桂巽町4番地 ☎ 0120・157・508 10:00 〜19:00 無休(年末年始を除く)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング