大人のまぶたのための「目じり」限定アイライン塾 五選

2017年10月2日
描く角度は? どこが終点? ほんの数㎜で、目の大きさや形までも変える効果をもつアイライン。とはいえ、年齢とともにまぶたが下がったことで、目じりをどこまでどう描いていいのかわからない、という人も多いはず。そこで目じりのアイラインを徹底レッスン。このセオリーどおりに描けば、もう迷わない!

1.理想のアーモンドアイをかなえる目じりラインで若さも美しさも!

「これが目ざすべき理想の目じりラインです!」と、誰の目にも当てはまる「目じりラインの設計図」をもとに、目じりラインの始点から終点、下まぶたのつながりまで細かく教えていただいた。
「年代が上がっていくと、不自然なラインは厚化粧に見えがち。どこから目じりラインなのか、どこまで描くのか、あいまいなまま描いてしまっているのがその原因では。ポイントは、理想の目の形といわれるアーモンド形を意識した目じりラインです」と話してくれたのは、エクラでもおなじみのヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさん。

まずは目じりライン以外のラインを正しくおさらい

1/2

2/2

まつ毛もまばらに、ラインもゆるみがちなエクラ世代は上まぶたのフレームをしっかりさせることが不可欠。まずはまつ毛とまつ毛の間を埋めるラインを。茶のジェルライナーが描きやすくおすすめ。

まつ毛の根元に沿うように、まつ毛ぎわラインを目頭から目じりへひと塗り。このラインもなじみやすい茶を。よりくっきりならリキッドで、より自然ならジェルを。

(右)スティロ ユー ウォータープルーフ932 ¥3,000/シャネル (左)クレ・ド・ポー ボーテ ライナーリキッドアンタンス2 ¥5,000/資生堂インターナショナル

What's New新着記事

  • 食のプロがおすすめ!鍋をぐっとおいしくする「あるとうれしい調味料」五選 

    eclat2月号では、食のプロたちが、おうち鍋をさらにおいしくする“調味料”をご提案。つけダレとして使ってもおいしい「唐芙蓉」、野菜仕立ての鍋によく合う「パクチーレモンオイル」や、モロッコの辛味調味料「アリッサ」など常備したいとっておきのアイテムばかりです。

    eclat五選

    2018年2月22日

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング