最旬ワントーン、グレイッシュカラーでどんな装いもシックに 五選

2017年11月17日
重ね着をする冬こそ、繊細に色を操るワントーンコーディネートが着映えする! 絶妙なグレーニュアンスで、装いを大人のムードで満たして。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ボリュームあるニットはさらりとした感触の
淡色ワンピースで軽やかに
カーディガンはざっくりとした風合い。歩くたびに揺れるすそがゆっくりと動くのはたっぷりの量感ゆえ。そのぶん、インは軽さを意識した素材と色を。コットンタッチの淡いグレーは、冬に清涼感を演出してくれる。このメリハリでグレーがはずむ。

カーディガン¥69,000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) ★ワンピース(共布ベルトつき)¥24,000/エクラプレミアム通販(村山佳世子×HAUNT/申込コード298879) ピアス¥29,000(イオッセリアーニ)・バッグ¥70,000(MELI MELO)/以上アッシュ・ペー・フランス 靴¥46,000/アストラット 青山店(アストラット)
2.オーバーサイズで着るコートは
明るいグレーでクラシック&モードに
コクーンフォルムと抜き襟が愛らしいコートは、ボリュームが軽くなるライトグレー。パンツをミドルグレーにした明るめの濃淡グレーに、バッグで白をホイップクリームのようにオン。ワントーンなのに小気味よい装いの代表例。

コート¥160,000/ebure(エブール) ニット¥49,000/レリアン お客様相談室(レリアン) パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) サングラス¥36,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バッグ¥380,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥28,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)
3.注目のテーラードジャケットを大人の
雰囲気にする上品で軽やかなグレー
今シーズン、ジャケットは気になる存在。ライトグレーの柔らかな素材なら、紺や黒よりこなれた風情に。細身のパンツとセットアップで小気味よく。ニットとスニーカーを白にすれば、堅苦しくない、モードでシックな着こなしが完成。ブルーグレーのストールでちょっとだけハズし技を。

ジャケット¥120,000・パンツ¥58,000(ともにドゥロワー)・ストール¥43,000(ドゥース グロワール)/以上ドゥロワー 丸の内店 ニット¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー リュクス) バッグ¥125,000/ジミー チュウ 靴¥56,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(ジル サンダー)
4.ルーズに着たいグレーニットは
白の分量を多くして軽やかに
ユルッと大きめサイズが今年らしいニットは白のトーンアップ効果をプラス。明度と品のよさがアップして、大人のリラックス感が生まれる。

Vネックニット¥38,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(エーピー ストゥディオ) タートルニット¥10,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) パンツ¥51,000/マディソンブルー(マディソンブルー) バッグ¥120,000/アッシュ・ペー・フランス(ジャック・ル・コー) ストール¥27,000/エリオポール銀座(ベグアンドコー) 靴¥39,000/ファビオ ルスコーニ 有楽町店(ファビオ ルスコーニ)
5.濃淡のコントラストで魅せる、
シンプルシックなコート&ワンピース
バックルでとめるだけのはおるタイプのコートはAライン。仕立ても色調も軽やかで、印象が重くならない。同じくすその広がるワンピースと重ねてシルエットをきわだたせると素敵。コートから見えるワンピースのダークグレーが縦のラインをつくり、すっきり感を演出。グレーだけに色を絞ると、おしゃれ度がアップする。

コート¥180,000・ワンピース¥82,000/ブラミンク(ブラミンク) バッグ¥405,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥59,000/アングローバルショップ 表参道(ネブローニ)

What's New新着記事

  • 食のプロがおすすめ!鍋をぐっとおいしくする「あるとうれしい調味料」五選 

    eclat2月号では、食のプロたちが、おうち鍋をさらにおいしくする“調味料”をご提案。つけダレとして使ってもおいしい「唐芙蓉」、野菜仕立ての鍋によく合う「パクチーレモンオイル」や、モロッコの辛味調味料「アリッサ」など常備したいとっておきのアイテムばかりです。

    eclat五選

    2018年2月22日

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング