大好き!ペット⑤寝相は無防備ですが、マナーばっちりのお嬢さん。

2017年12月5日
犬が大好きで、もし環境が許すなら一度はゴールデンレトリーバーを飼ってみたいというYさん宅のワンコは、小さなチワワちゃん。娘さんの誕生日プレゼントだったのに、今ではすっかり家族みんなのアイドルに。その溺愛ぶりとは⁉
以前から犬を欲しがっていた娘さんのために、2年半前にYさん宅にやってきたチワワちゃん。小さな体で元気いっぱいに愛想をふりまき、疲れるとベッドでコテンとお昼寝。やることなすことすべてが愛らしく、家族全員がもうデレデレ。

「携帯の待ち受けはもちろんこの子だし、プロのカメラマンさんに撮影してもらって写真集も作りました。もうこの子のいない生活なんて考えられないほど大好きです!」

掛け値なしの溺愛ぶりだけれど、一方でマナーもしっかり教える。それが、Yさん家の流儀だ。

「私たち家族だけでなく、外出先で出会う周りの人たちや犬たちとも友好的に穏やかに共存してほしいと願っています。だから、生後6か月から今に至るまで、毎週しつけトレーニングを受けさせています。おかげで散歩中にほかのワンちゃんとトラブルになったことはないし、カフェなどでも足元で静かに待っていられます。この子のことを心から信頼できるので、一緒に外出するのがとても楽しいですよ」

マナーがしっかりできているからこそ、大好きな家族とともに伸び伸びと暮らすことができる。この寝顔を見れば、チワワちゃんが幸せいっぱいなのは疑いなし!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング