シンプルなフォルムのアクセサリーが人気。『sayuu』でお気に入りの一品を

2017年12月12日
『sayuu』は金工作家の竹俣さんのショップ兼アトリエ。鍛金などの手法でアンティークを思わせるカトラリーなどが人気。eclat1月号では、竹俣さんを訪ねて、作家と話しながら作品を手に入れる楽しみをご紹介。

金工 竹俣勇壱さん

“用の美”がぐっと身近に

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

研磨作業中の竹俣さん。週末は『sayuu』で作業することが多いという。竹俣さんのジュエリーが一番そろうのもここ
「フォーク」M ¥2,808(税込)など人気のカトラリー。焼き入れをし、一度仕上げてからツヤを落とす。「細い柄は強度のあるステンレスだからこそ。経年変化のニュアンスまで出せたらと思っています」。カトラリーは、赤木明登さんの茶箱に合う茶杓のオーダーを受けたことが作りはじめたきっかけ
「ピューター皿」(15.5㎝)¥5,400(税込)
真鍮の「バングル」¥2,700~4,536(税込)。女性の手もとを美しく見せる
竹俣さんの道具の数々。作品はパリのアラン・デュカスのレストランでも使用されている

お気に入りは小ぶりのピューター皿。私はワインボトル置きにしていますが、作家と話すと、使い方のアイデアも浮かびます。―インテリアスタイリスト 城 素穂さん

ひがし茶屋街の奥にある『sayuu』は、金工作家の竹俣勇壱さんのショップ兼アトリエ。運がよければ、奥の作業場で作品に向かう竹俣さんに出会えることも。ジュエリー作家としてスタート、現在は鍛金などの手法でアンティークを思わせるカトラリーや、シンプルなフォルムのアクセサリーが人気を呼んでいる。特に、柄が細く長いスプーンは、手もとをエレガントに見せてくれると評判だ。来春には、作品を実際に使うことができる一軒家のショップのオープンを予定している。「作品がテーブルの上だけでなく、空間すべてに広がればと思っています」
sayuu
石川県金沢市東山1の8の18 ☎076・255・0183 10:00~16:00(月・火・木曜)、11:00~18:00(金〜日曜) ㊡水曜 https://www.kiku-sayuu.com/

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング