Jマダムの関心ごと。それはワンコニャンコの●●活動!

2017年12月16日
ペット大好きなJマダムたち。“うちの子”が一番なのは間違いないけれど、その一方で気にかかるのが、居場所が見つからないワンコやニャンコのこと。Jマダムたちの保護活動への思いは熱かった!
チームJマダムの面々に、「ふだん生き物とどう関わっている?」と聞くと、「生き物を飼っている・飼っていた」がダントツの1位。ペット大好きなJマダムたちのこと、まあ当然だろう。3位は「動物のおもしろ動画をみる」、4位は「動物園などの施設に行く」。このあたりもイメージしやすい。じゃあ2位はいったい?
2位にランクインしたのは、「保護活動に協力・関心がある」だった。近所のノラ猫から震災などで飼い主を失ったペットまで、この世に安心して暮らせる居場所を持たない動物は多い。平成28年度の環境省の統計によると、行政の動物愛護センターなどが引き取った犬・猫の総数は約11万4000頭。このうち殺処分になったのが約5万6000頭にのぼるという。幸いなことに保護団体や里親への譲渡数が年々上昇傾向にあるので、引き取り数や殺処分率はぐっと下がってきている。とはいえ、悲しい思いをしているワンコやニャンコはまだまだ多いのが現状だ。
保護活動と言っても、実際に保護団体を立ち上げ、身寄りのないワンコやニャンコのお世話をし、里親を探すというのは並大抵なことではない。Jマダムたちは、保護活動にどう関わっているのだろう。
それを示したのが、上のグラフ。保護猫や保護犬を家族の一員として我が家に迎えるという人が15人。中には、「これまでいろいろな動物を飼ってきたけれど、すべて譲り受けたり保護猫の里親になったり。今いる2匹の猫も、我が家の庭に迷い込んできた子たちです」(Wさん)「ペット飼育歴19年ですが、みんな保護猫です」(Gさん)など、ペットショップやブリーダーを通した経験がないという人もいた。
ほかにも、「自分では何もできないけれど、保護活動団体のサイトを定期的にのぞいて現状や活動情報をチェック。家族の話題にしています」(Yさん)や、「ご近所さんたちと一緒にノラ猫に避妊手術を受けさせ、見守っています」(Oさん)という声も。
実際に保護活動を手伝うのは難しいけれど、寄付をして陰ながら協力している人も一定数いる。
「マンションの規則でペットは飼えないので、かわりに保護団体に寄付しています」(Kさん)「保護犬を譲り受けた団体に、小学生の娘と私がそれぞれお小遣いから定期的に寄付しています」(Sさん)「街で譲渡会を見かけたら、立ち寄って寄付するようにしています」(Aさん)など、保護活動の団体に直接寄付しているという人が多かった。
自分ができる範囲で、少しでも保護活動の役に立ちたいという温かな気持ちが伝わってくる。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング