大好き!ペット⑦青空生活の猫兄妹。息子の号泣で家族に

2017年12月19日
チームJマダムのWさん家に二匹のニャンコがやってきたのは、今から10年前。当時小学生だった息子くんの大号泣で二匹とも飼うことになり…。人間も猫もマイペースなW家の暮らしぶりとは?
かつてインコやひよこ、コウモリ(!)を飼っていたというWさん。どの子も拾ったりいただいたりで、ご縁を得て家族に迎えた子たちだったそう。そして今、家族になっているのがニャンコ兄妹。この子たちも、もとは青空生活の気ままな子猫だった。

「10年ほど前、我が家の庭に二匹の子猫がひょっこり現れました。その頃、飼っていた猫が家から飛び出したまま帰らず、みんな意気消沈していたとき。二匹は無理だから、おとなしいシャムちゃんだけを家族に迎えようと家にあげました。ところが、学校から帰ってきた当時小学5年生だった次男が大泣き。兄妹なら離れちゃかわいそう! 二匹一緒じゃなきゃイヤだ! と言ってきかないんです。仕方なく庭を見ると、隅のほうにもう一匹のキジトラくんがうずくまっていて。これもご縁だと思い、二匹一緒に飼うことにしました」

二匹は今でも大の仲良し。Wさん一家を笑わせ癒してくれる、大切な家族の一員だ。

「とても大切な存在で愛していますが、だからといって溺愛はしていませんよ(笑) お互いにマイペースで自然体。つかず離れずな距離感が、私にもとても心地いいのです。10歳を過ぎてちょっと体調を崩しがちですが、いつまでもそばにいてほしいと願っています」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング