大好き!ペット⑦青空生活の猫兄妹。息子の号泣で家族に

チームJマダムのWさん家に二匹のニャンコがやってきたのは、今から10年前。当時小学生だった息子くんの大号泣で二匹とも飼うことになり…。人間も猫もマイペースなW家の暮らしぶりとは?
大好き!ペット⑦青空生活の猫兄妹。息子の号泣で家族に_1_1
かつてインコやひよこ、コウモリ(!)を飼っていたというWさん。どの子も拾ったりいただいたりで、ご縁を得て家族に迎えた子たちだったそう。そして今、家族になっているのがニャンコ兄妹。この子たちも、もとは青空生活の気ままな子猫だった。

「10年ほど前、我が家の庭に二匹の子猫がひょっこり現れました。その頃、飼っていた猫が家から飛び出したまま帰らず、みんな意気消沈していたとき。二匹は無理だから、おとなしいシャムちゃんだけを家族に迎えようと家にあげました。ところが、学校から帰ってきた当時小学5年生だった次男が大泣き。兄妹なら離れちゃかわいそう! 二匹一緒じゃなきゃイヤだ! と言ってきかないんです。仕方なく庭を見ると、隅のほうにもう一匹のキジトラくんがうずくまっていて。これもご縁だと思い、二匹一緒に飼うことにしました」

二匹は今でも大の仲良し。Wさん一家を笑わせ癒してくれる、大切な家族の一員だ。

「とても大切な存在で愛していますが、だからといって溺愛はしていませんよ(笑) お互いにマイペースで自然体。つかず離れずな距離感が、私にもとても心地いいのです。10歳を過ぎてちょっと体調を崩しがちですが、いつまでもそばにいてほしいと願っています」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング