朝食が美味しい宿①旅疲れを癒す、体にやさしい朝ごはん

2018年2月6日
旅の1日をハッピーな気分でスタートさせるためにも、宿でいただく朝ごはんはとても重要。旅疲れを気遣った、体にやさしい朝ごはんを提供してくれる宿はこちら。
チームJマダムのTさんがおすすめするのは、福島県にある「おとぎの宿米屋」。

「おとぎ話をモチーフにした創作和食で有名な温泉宿。自然が豊かな広い敷地の中に客室やお食事どころが点在していて、日常から切り離されたようなゆったりした時間を過ごせます」

そんな宿の朝ごはんは、“きれいになる朝食”がテーマ。自然栽培の野菜や卵を中心に、体に負担がかからない食材を厳選しているという。

「野菜が中心で体によさそう。あつあつの釜炊きのごはんにほっこりします」

黄身が白いこだわりの卵で作った卵焼きは絶品。

おとぎの宿米屋
http://e-yoneya.com/
Mさんが滞在した際の朝食。
旅行好きのMさんのイチ押しは、伊勢志摩にある「御宿ジ・アース」。

「広大な敷地で温泉もあり食事がおいしい宿。毎年訪れるお気に入りです」

朝食は、“身体にやさしい”がコンセプト。

「特に自家製の西京焼きが絶品! 自称“西京焼きにうるさい”友人も絶賛するほどのおいしさ。お土産にして、このおいしさを分かち合えるのがうれしい」

朝日を浴びて輝く海を眺めながらの朝食は至福のひと時。

御宿ジ・アース
http://www.the-earth.in/

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ;”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング