アップデートをするなら、今!最新「名品バッグ」 五選

2018年2月10日
春の到来とともに、毎日をともに過ごすパートナーであるバッグをアップデートしたくなっていませんか。そんなJマダムにぜひ持ってほしい、「名品バッグ」の最新バージョンを徹底的にリストアップ!あなたの美意識にぴったり合う、新たなパートナーを、いち早く見つけて。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.【CHANEL BOY CHANEL】
アイコンバッグがデニムとツイード仕様に!
人気の「ボーイ シャネル」、2018年 プレスプリングの新作。クチュリエというシャネルのヘリテージから着想を得て、 デニム、ツイードなど、プレタポルテに使用されている同じ素材を使用。パステルカラーのツイードが、エクラ世代に軽やかでフレッシュなニュアンスを与える。

「ボーイ シャネル」らしいシャイニーな金具やチェーンがデニムに映える。斜めがけにもショルダーにもハンドバッグにもなるのもうれしい。大人にふさわしい上質なカジュアル感が最大の魅力。バッグ「ボーイ シャネル」(H14.5×W25×D9)¥510,000/シャネル
2.【FENDI PEEKABOO ESSENTIALLY】
ラグジュアリーを極めたミニサイズ
「ピーカブー エッセンシャル」 がミニサイズへと進化した「ピーカブー エッセンシャリー」。小ぶりバッグブームの今の気分にジャストなバッグ。ピュアで驚くほどソフトな接ぎ目のない1枚革を使用。オリジナルを象徴する中央のバーなどを軽量化し、より持ちやすくもなった。

サイドのコバや、シルバーのメタルパーツは、機能性と美の両立を求める現代女性にふさわしいディテール。また、多面的なハンドルと裏打ちされたショルダーストラップも、グリップが効いて持ちやすく秀逸。バッグ「ピーカブー エッセンシャリー」(H20×W27×D11)¥488,000/フェンディ ジャパン(フェンディ) アンティークのジンボトル・羊皮紙/antiques tamiser
3.【GUCCI Nymphaea】
新感覚のバンブーハンドルバッグ
グッチの象徴バンブーハンドルをフィーチャーした「ニムフェア」の新作。カーフレザーのボディにバンブーハンドルとアイコンであるウェブ ストライプのショルダーストラップつきの2WAY。格を求められる場所にも、カジュアルにも、幅広く対応できるマルチなバッグの誕生だ。

「ニムフェア」とはラテン語でスイレン。レザーは非常に柔らかく、自然な光沢としなやかな質感。シックなペールカーキは日本限定カラー。バッグ「ニムフェア」(H20×W30×D11)¥231,000・マルチフィンガーリング¥69,000/グッチ ジャパン(グッチ)
4.【CÉLINE Big Bag】
ミニマルデザインとリュクスな革に注目
昨シーズンのランウェイで初登場し話題となったラインの新作バケツタイプ。ソフトベアカーフスキンと呼ばれるしなやかな1枚革で仕立てられている。レザーの表面の加工を最小限にとどめて作られているので、革本来の風合いや質感、そしてその経年変化を楽しめるのが魅力だ。

「ビッグバッグ」らしい洗練されたシルエットと、持ちやすいハンドルなど、ミニマルなデザインが魅力の新作。底面は円形で、取りはずし可能なジップつきインナーポケットも便利。バッグ「ビッグバッグ バケツ」(H29×W22×D22)¥305,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ)
5.【LOEWE Hammock Small Bag】
キャッチーな春色の6WAY!
さまざまなシーンにフィットする多機能なフォルムが特徴的な「ハンモック スモール バッグ」。変幻自在に形を変える斬新なデザインで、ショルダーバッグ、ハンドバッグ、クロスボディバッグとして6WAYになる洗練のフォルム。さわやかなストーンブルーマルチトーン。

便利なジップ式パッチポケットつき。エッジ部分は高級感あるていねいなハンドペイントで仕上げられている。オープントップはフック式。サイドはジップで拡張可能。バッグ「ハンモック スモール バッグ」(H26×W29×D27)¥277,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)

What's New新着記事

  • 美味しいもの好きは今、岡山に! 瀬戸内海に面した山海の幸の宝庫、岡山の食の五選

    山海の幸はもちろん、農作物も豊富にして上質。そんな岡山を訪れる人が今、増えている。お目当ては料理、そしてその先にあるつくり手や美しい自然……。東京から新幹線で3時間あまり、関西からなら1時間。目ざす価値のある「岡山の食」をeclat 3月号でご紹介。

    eclat五選

    2018年2月15日

  • 結論!大人スニーカーで頼れるのは「スタンスミスの白」 五選

    トレンドに左右されない定番であり、カジュアルが苦手な人でも履きこなせるスニーカーを考えたとき、行きついたのはこの1足。「スタンスミス」は伝説のテニス選手、スタン・スミスをたたえるべく、1973年に命名。今やファッション界からの注目度もNo.1、有名ブランドとのコラボも多数。クリーンな白レザーとスマートなフォルムは「カジュアルすぎず、大人の着こなしにハマる!」と評判!

    eclat五選

    2018年2月13日

  • スタイリスト村山佳世子さんが教える、大人のこなれジャケット・イン 五選

    ジャケットは着回し力も抜群とはわかっていても、何をインしてアレンジすればいいのか、その攻略法はなかなかむずかしいところ。その悩みを解決すべく エクラ屈指の人気スタイリスト・村山佳世子さんが、インに特化した5通りのスタイリングを提案。村山さんのジャケットスタイル、どれもまねしたくなる!

    eclat五選

    2018年2月11日

  • 品格と機能を備える、端正なビジネスウォッチ 五選

    「腕時計を見れば、その人の格がわかる」とは、もはや男性だけではなく、女性にも向けられる言葉。働くアラフィー女性ならなおのこと、これまで築いてきたキャリアにふさわしい一本を身につけたいもの。実用性と品格ある高級感を兼ね備えつつ、決して華美ではない、エグゼクティブらしい格上げ時計が一堂に集結!

    eclat五選

    2018年2月9日

  • コーデいらずの「デコラブラウス」で春のおしゃれを先取り 五選

    さらりと着るだけで絵になる優秀デザイン。上質素材や凝ったディテールが大人を華やかに! シンプルなのに、360度どこから見ても立体的で美しい一枚を手に入れたい。

    eclat五選

    2018年2月9日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング