女らしさを軸に着回し力を発揮、エディター松井陽子さんの「春キープ服」 五選

2018年3月10日
湘南在住・仕事は東京、の毎日を送る、エディター&ライターの松井陽子さん。「海辺生活なので常に気分は夏(笑)。ビーチサンダルは欠かせず、ノンストレスなカジュアル一辺倒。一方、仕事で都内に行く日はほぼ電車ですし、周囲に目上のかたも多いので、風通しのいい日常着のままではNG。そんな私の春夏のユニフォームは、小物で変化し一枚で完成する女性らしいワンピースです。シーズン前に2枚ほどキープし、シーズン中に買い足します。ボトムスははき慣れたリーバイス501が基本で、気に入るものがあれば加える程度。そのかわりトップスは旬のものを選びます。基本カットソーですが、シンプルすぎず目をひくデザインで更新感を」。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.「マディソンブルー」のワンピース
「仕事の日はカーディガンを肩かけし、足もとも甲を覆って素肌量を調整。湘南ではビーチサンダルで気楽に」。

ワンピース¥62,000/マディソンブルー(マディソンブルー)
2.「エブール」のゆったりワンピース
「ウエストやスカート部分のディテールの視覚効果で、リラックス感はほどほど。カットソー地でも落ち着いた白なので街にもなじみます」。

ワンピース¥42,000/ebure
3.「ザ・ニューハウス」のVネックカットソー
「浅くて広めのVカットで、デニムとのワンツーコーデでも女性らしい着こなしに。気に入ったカットソーは活躍必至なので色違いで」。

カットソー 各¥16,000/アーク インク(ザ・ニューハウス)
4.「サージ」のチノパンツ
「トップスをインしたときのシルエットの美しさが絶妙。合わせるアイテムしだいで、きれいめにも対応できるマルチなパンツ」。

パンツ¥22,800/ショールーム セッション(サージ)
5.「ティファニー」のシルバージュエリー
「日焼けした私の肌色には、シルバーのクリーンさが合うようです」。

(右から)バングル「エルサ・ペレッティ ボーンカフ〈SIL〉」¥141,000・ピアス「ティファニー ハードウェア ボールフックピアス(14㎜)〈SIL〉」¥42,500/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

What's New新着記事

  • 大人にこそ買う価値あり。今、アップデートするべき器 五選

    食器棚には山ほど器があるのに、食卓に並ぶのはいつも同じものばかり。何十年と作り続けてきた、日々の料理もすっかりマンネリ化……。そんなエクラ世代こそ、器をアップデートしてみては? 器を替えるだけで、いつもの料理も食卓も、ぐんと見違えるはず。

    eclat五選

    2018年5月19日

  • 編集部のリアルJマダムの「今月のこれ欲しい!」 五選

    ジャストエクラ世代の編集部員の"ひと目惚れ"おしゃれアイテムをピックアップ。今季らしい着こなしをかなえる秀逸なアイテムは必見!

    eclat五選

    2018年5月19日

  • 一枚で着映え効果抜群の、主役「大人ブラウス」 五選

    今シーズン、シャツ派も乗り換えているというほどの大ブーム! 気になる体のラインを優しく包み込み、華やかさも高揚感をも与えてくれるから大人の女性が取り入れない手はないというデザインブラウス。特に大人の女性が似合うものを熟知するブランドのデザインは優秀。まだしばらく人気継続のもようだから、取り入れるなら今!

    eclat五選

    2018年5月17日

  • 今年らしさをぐんとアップ!背中にワザありカットソー 五選

    フロントはシンプル、後ろから見ると特徴のあるディテールを施したバックコンシャスなカットソー。自分では見えなくとも人から意外と見られている背中こそ、デザイン性を意識した一枚を選びたい。

    eclat五選

    2018年5月17日

  • おしゃれ賢者の溺愛ブランドからセレクトした「腰高パンツ」 五選

    従来のパンツよりも少しだけウエスト位置が高いデザインゆえ、腰位置が上がって脚も長く見えるタイプが急増していて大人気! そんな中、大人のパンツ派スタッフの、熱い支持が集まった5ブランドの5アイテムをリコメンド!

    eclat五選

    2018年5月16日

FEATURE
ランキング