女らしさを軸に着回し力を発揮、エディター松井陽子さんの「春キープ服」 五選

2018年3月10日
湘南在住・仕事は東京、の毎日を送る、エディター&ライターの松井陽子さん。「海辺生活なので常に気分は夏(笑)。ビーチサンダルは欠かせず、ノンストレスなカジュアル一辺倒。一方、仕事で都内に行く日はほぼ電車ですし、周囲に目上のかたも多いので、風通しのいい日常着のままではNG。そんな私の春夏のユニフォームは、小物で変化し一枚で完成する女性らしいワンピースです。シーズン前に2枚ほどキープし、シーズン中に買い足します。ボトムスははき慣れたリーバイス501が基本で、気に入るものがあれば加える程度。そのかわりトップスは旬のものを選びます。基本カットソーですが、シンプルすぎず目をひくデザインで更新感を」。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.「マディソンブルー」のワンピース
「仕事の日はカーディガンを肩かけし、足もとも甲を覆って素肌量を調整。湘南ではビーチサンダルで気楽に」。

ワンピース¥62,000/マディソンブルー(マディソンブルー)
2.「エブール」のゆったりワンピース
「ウエストやスカート部分のディテールの視覚効果で、リラックス感はほどほど。カットソー地でも落ち着いた白なので街にもなじみます」。

ワンピース¥42,000/ebure
3.「ザ・ニューハウス」のVネックカットソー
「浅くて広めのVカットで、デニムとのワンツーコーデでも女性らしい着こなしに。気に入ったカットソーは活躍必至なので色違いで」。

カットソー 各¥16,000/アーク インク(ザ・ニューハウス)
4.「サージ」のチノパンツ
「トップスをインしたときのシルエットの美しさが絶妙。合わせるアイテムしだいで、きれいめにも対応できるマルチなパンツ」。

パンツ¥22,800/ショールーム セッション(サージ)
5.「ティファニー」のシルバージュエリー
「日焼けした私の肌色には、シルバーのクリーンさが合うようです」。

(右から)バングル「エルサ・ペレッティ ボーンカフ〈SIL〉」¥141,000・ピアス「ティファニー ハードウェア ボールフックピアス(14㎜)〈SIL〉」¥42,500/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング