服をもっと「似合わせる」ための秘蔵テクニック

2018年3月24日
今までよりもさらに服を"自分のモノ"に見せるための、ちょっとした選び方やこなし方を伝授。体をうまく使い、細見えさせるのがポイント!

くびれをつくる

例えばジャケットの上から、ベルトでウエストマークしてくびれをつくる。そうすることで、年齢的にあやふやになっていたウエスト位置が現れ、体が細くシャープに見えて、おしゃれ感もアップ。サイズ感がしっくりこない服を、自分に似合うボリュームに適度に調整するのにも役立つテクニック。

ナチュラルなジャケットには太ベルトをキュッと巻いて、モード感をプラス

ナチュラルテイストのくたっとした素材感のストライプ柄ジャケット。そのままさらりと着ても素敵だけれど、ベルトでウエストマークするだけで、細見え&おしゃれ見えがかなうので取り入れたい。ダークカラーの細身パンツと合わせて、全体をシャープに仕上げて。

Close-up

こんなメンズライクなジャケットには、太めのベルトのほうがバランスがいい。逆にエレガントなジャケットなら細身のベルトが好相性。
ジャケット¥69,000/コロネット(フォルテ フォルテ) ニット¥26,000/サザビーリーグ(デミリー) パンツ¥36,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) べルト¥13,000/プレインピープル青山(プレインピープル)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング