春も活躍!スーツが得意な「あのブランドのこのスーツ」 五選

2018年3月29日
季節を問わず、働く女性に不可欠なのが落ち着いた色めのスーツ。涼しげで軽快に着られる、紺、グレー、黒の選りすぐりを紹介。エクラ世代の「どこで買えばいいの?」に答えます!

1.一見すると本格派スーツ、実はスウェット製で肌ざわり抜群!

チルコロ 1901

バーズアイの生地模様をプリントした、スウェット素材のジャケットと脚にきれいにフィットする細身パンツ。ストレッチ性が高いので動きやすく、着る人の体に添って美しくなじむのが特徴。

これが選びたい理由!

イタリアのテキスタイルメーカーがスタートさせたチルコロ 1901は、極上のスウェット生地を使用したテーラードジャケットで、メンズの世界では知られた存在。ふっくら柔らかな風合いの特別な生地に、ツイードやヘリンボーンなどの織り地をプリントした"だまし絵"的なユニークさも魅力。なんといっても着心地のよさが秀逸!

1/2

2/2

ジャケットの内側にはキュートなパイピングが施され、脱いだときもキャッチー。自宅で手洗いができるのも高ポイント。
オリジナルのスウェット地は最高品質のソフトな肌ざわり。伸縮性、弾力性は抜群ながら、戻りもよく、伸びない点も◎。
ジャケット¥59,000・パンツ¥31,000/トヨダトレーディング プレスルーム(チルコロ 1901) シャツ¥28,000/サザビーリーグ(エキップモン) バッグ¥150,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ) 靴¥92,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング