春の靴、激変!スライダーサンダル&バレエシューズ 五選

2018年4月1日
軽めの足もとが全盛の今シーズン、オフの日ならさらに冒険してみたい。ミュールよりもっとカジュアルで、まるで"つっかけ"のようなスリッパ=スライダーサンダルなら、今年らしさ満載! また、ロングスカートやワンピースに合わせることが多いバレエシューズは、デニムとの組み合わせが新鮮。マニッシュになりすぎず、過剰な女っぽさにも転ばない。ちょうどいいかわいらしさが醸し出せる。
春の靴、激変!スライダーサンダル&バレエシューズ 五選_1_1-1

1/5

春の靴、激変!スライダーサンダル&バレエシューズ 五選_1_1-2

2/5

春の靴、激変!スライダーサンダル&バレエシューズ 五選_1_1-3

3/5

春の靴、激変!スライダーサンダル&バレエシューズ 五選_1_1-4

4/5

春の靴、激変!スライダーサンダル&バレエシューズ 五選_1_1-5

5/5

1.ここまで軽い足もとだからかなう、
上質で軽快な立ち姿
シャツ×パンツを週末らしくしたいなら、安易にパンプスを合わせずに、軽快なフラットスライダーで。スエードにラインストーンの縁取りが高級感もプラス。

サンダル(H1)¥35,000/アマン(イル サンダロ オブ カプリ) シャツ¥47,000/マディソンブルー パンツ¥18,000/エリオポール銀座(エリオポール) イヤリング¥36,000/ドゥロワー 丸の内店(グーセンス) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)
2.上質感ある素材を選べば街カジュアルの主役に!
注目トレンドのスライダーサンダルは、"ご近所サンダル"っぽく見えないようにするために、素材にこだわったものを選びたい。素足に履くものだから、肌への当たりが心地いいものならヘビロテ確実。

〈上から〉クロスしたベージュ部分は柔らかで足に優しいスエード素材。サイドのジュートとホワイトソール、3つのマテリアルが美しく融合。サンダル(H4)¥73,000/ジミー チュウ うっとりするほど肌ざわりのいい純白のレザー。黒×白×グレーの絶妙の配色のサイドにも注目! サンダル(H4)¥65,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(クレジュリー) 上質感漂う黒のハラコ素材。シンプルデザインながら、パンチングで下のシルバーがドットのようにのぞくインソールが大人っぽく美しい。サンダル(H1)¥103,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) キャメルのレザーストラップがグラフィカルに甲を演出するヌーディな一足。サンダル(H1)¥46,000/アマン(ペリーコ) 厚みのあるジュートソールで、夏まで主役になりそうな一足。足に気持ちのいいベージュのハラコ素材で合わせやすい。サンダル(H4.5)¥43,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
3.濃いめデニムには、優しい素材感のベージュで
濃いインディゴデニムをフェミニンに仕上げるには優しい色の靴を。ベージュのハラコ素材のバレエシューズは足もとに上質な抜け感をプラス。

バレエシューズ(H0.5)¥53,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ニット¥39,000/ストラスブルゴ(アリクアム) デニム¥36,000/マディソンブルー ピアス¥9,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(キャス) バッグ¥70,000/アッシュ・ペー・フランス(MELIMELO)
4.スクエアなつま先が印象的。
パテント素材の個性派タイプ
ネイビーのパテントのバレエシューズは、珍しいスクエアトゥ。格調高いバッグとの相性も抜群。デニムの色とあえて濃淡をつければおしゃれな印象に。

バレエシューズ(H1)¥29,000/アマン(ペリーコ サニー) ブラウス¥28,000/FUN Inc.(フォンデル) デニム¥55,000/ドレステリア 博多店(リ ダン) イヤリング¥12,000/ドレステリア 京都店(ドミニク ドヌーヴ) バッグ¥360,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)
5.黒デニムには黒スエードで大人っぽさもキープ
ブラックスエード素材は、ライトブルーとの相性が抜群で、さっそうとした印象に。

バレエシューズ(H1)¥19,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) シャツ¥28,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) デニム¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) ピアス¥10,000/マルティニーク丸ノ内(フィリップ オーディベール) バッグ¥154,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

What's New新着記事

  • 大人カジュアルに華を効かせる「フレッシュUPの赤リップ」 五選

    例えば、仲のいい女友だちとカフェ・ランチ、軽やかにおしゃれしてサロンでヘアカット、気軽な仲間と週末ドライブ旅行……。カジュアルシーンをフレッシュアップする赤を一本。

    eclat五選

    2019年3月22日

  • 大人に効く。今どき「しゃれ見えメガネ」 五選

    一本のメガネから、おしゃれの新たな可能性が見つかる。いつもの着こなしに、今っぽさが加算される。年齢に伴う顔の変化で、むしろ似合うメガネの幅は広がっていく。これは楽しんだほうが勝ち!

    eclat五選

    2019年3月20日

  • 着るだけで映えるのは“色だけ甘い”セミスイート・トップス 五選

    春の花を思わせるスイート色といえば、ピンク、ピーチ、イエロー、ラベンダー。リップやシャドウに使うカラーが大人をきれいに見せてくれる。形は甘さ抑えめに。着なれたシャツやシンプルな形のニットなら取り入れやすいはず。

    eclat五選

    2019年3月20日

  • 大人のファッションも肌も美しく魅せる「品ありベージュリップ」 五選

    「ヌーディなのに華があるのがベージュリップの魅力です」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、肌色に自信がもてない大人には難易度が高そう。「ほんのり血色を感じるピンクみのあるベージュを選ぶのがコツ。そして薄くなってきているアラフィーの唇に、厚みと潤い感を演出してくれるクリーミーな質感もマスト。この質感が、ベージュの特性であるきちんと感と、大人に必要な洗練された気品を引き出します」。

    eclat五選

    2019年3月19日

  • ポンとひと塗りで女らしく。「幸せ感を上げる赤リップ」 五選

    「肌色も印象もパーンと明るくする効果が一番高いのが赤リップ」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、悪目立ちしてしまうのではとなかなか気軽に使えないエクラ世代も少なくないよう。「透けるような軽い質感なら、カジュアルでフレッシュな印象に使えます。コーラルなどあいまいな色を使うより、キリッとクリアな赤を一本持っているほうが大人の味方に」。

    eclat五選

    2019年3月18日

FEATURE
ランキング