40歳からの習い事④フランス式〇〇を5年。自宅サロンの主催者に!

2018年4月24日
プロ養成講座の上級コースを修了し、研究クラスにも2年間在籍していたというUさん。今では週末に自宅サロンで教えたり、オーダーを受けて作品を製作したり。Uさんが5年間習ったものとは?
ちょうど40歳になった年に、東京にあるフランス式フラワーレッスンの門をたたいたUさん。フランス式フラワーアレンジメントは、色使いやグリーンのあしらい方が個性的で、ゴージャスでスタイリッシュな仕上がりが魅力。そのスクールに5年間在籍し、プロ養成講座の上級コースのディプロマを得た。さらに研究クラスでも勉強を重ね、今では自宅で教室を開くほどの腕前に。

「月に2回のレッスンでしたが、新鮮で上質な花材をふんだんに使ったレッスンが楽しくて、5年間なんてあっという間でした。好みや価値観が同じお友達とも知り合えて、今ではお互いの家を行き来するほど親密に。自分の世界が広がって、本当に充実した5年間でした」

週末に自宅でサロンを開くほか、注文に応じて花束やブーケ、アレンジメントを製作したり、プライベートでのお祝い事などにも自らアレンジした花をプレゼントしたりと、習ったことが暮らしの中でおおいに役立っているという。

「今年はもう一段ステップアップしたくて、憧れのフランス人フローリストのレッスンを受け始めました。近い将来、専用のアトリエを持ち、レストランの装花やホテルのロビーの大掛かりなアレンジメントなども手がけたい。夢がふくらみます!」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング