40歳からの習い事④フランス式〇〇を5年。自宅サロンの主催者に!

プロ養成講座の上級コースを修了し、研究クラスにも2年間在籍していたというUさん。今では週末に自宅サロンで教えたり、オーダーを受けて作品を製作したり。Uさんが5年間習ったものとは?
40歳からの習い事④フランス式〇〇を5年。自宅サロンの主催者に!_1_1
ちょうど40歳になった年に、東京にあるフランス式フラワーレッスンの門をたたいたUさん。フランス式フラワーアレンジメントは、色使いやグリーンのあしらい方が個性的で、ゴージャスでスタイリッシュな仕上がりが魅力。そのスクールに5年間在籍し、プロ養成講座の上級コースのディプロマを得た。さらに研究クラスでも勉強を重ね、今では自宅で教室を開くほどの腕前に。

「月に2回のレッスンでしたが、新鮮で上質な花材をふんだんに使ったレッスンが楽しくて、5年間なんてあっという間でした。好みや価値観が同じお友達とも知り合えて、今ではお互いの家を行き来するほど親密に。自分の世界が広がって、本当に充実した5年間でした」

週末に自宅でサロンを開くほか、注文に応じて花束やブーケ、アレンジメントを製作したり、プライベートでのお祝い事などにも自らアレンジした花をプレゼントしたりと、習ったことが暮らしの中でおおいに役立っているという。

「今年はもう一段ステップアップしたくて、憧れのフランス人フローリストのレッスンを受け始めました。近い将来、専用のアトリエを持ち、レストランの装花やホテルのロビーの大掛かりなアレンジメントなども手がけたい。夢がふくらみます!」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング