アラフィー女性のホンネ:ナイショの買い物がバレた、その時

2018年4月28日
ドキドキして、日常生活のスパイスともなっている(?)ナイショ買い。けれど、夫やパートナーにまったく気づかれない、あるいは無反応でもつまらないもの。ナイショ買いがバレた時、はたしてJマダムたちの家の中では何が起きたのでしょう……。
前回ご紹介したとおり、ナイショの買い物をしても夫(パートナー)に気づかれない人が約半数。気づかれないというより「気づかない」という表現のほうが正しいようだ。しかも、自分のフトコロが痛んでいるというのに。ピンクサファイアの印鑑(70万円)を生活費で買ったというKSさん(53歳)の場合、お相手は気づいていそうだが「いまだに、本物の天然石だと思っていないかも」。ただ、それだけおおらか(?)のほうがナイショ買いにもブレーキがかかるようだ。「人間、ダメだと言われると逆にやりたくなる。夫に信用されていると思うと、そうそう大胆なことはできないもの」(ST・48歳)。実は、それが相手の作戦だったりして……?
では、ナイショの買い物がバレた時、夫(パートナー)はどんな反応を見せたのだろう。おなかに当てているだけで腹筋が鍛えられるというトレーニングギアを7万円で購入したHIさん(49歳)は、「まずは試そうと自室でお腹全開で貼ってみたその時、夫がドアを開け……たのですが、すぐに閉めました。今でも、あの時の夫の行動は謎」。謎のままにしておきましょう! 実際のところナイショ買いが発覚しても黙認したり、「カード(夫の口座から引き落とし)で洋服やバッグ、アクセサリーを買っているMKさん(51歳)も「一緒に出かけた時、『そんなの持ってた?』と聞かれた」程度。Jマダムの夫&パートナーは、なんと寛大なことでしょう。ただし、こんな声も。「支払いがどうなっているのか聞くのが怖いようで、一切触れてきません」(TS・51歳)。
ちなみに、自らカミングアウトしたという人も。SSさん(47歳)は、生活費からこっそり7万円を抜き出してダイエット食品を購入。その成果が出て、夫に「痩せた?」と聞かれたとか。「わかる? ◯◯でダイエットやった」「(夫)マジ?」「マジだよ。7万円くらい使っちゃった」「(夫)ずいぶん高いなあ。まあ、贅肉って『贅沢な肉』って書くしな」というや会話が交わされたそう。高くても、妻がキレイになったから良し、ということなのだろうが、何とも楽しいやりとり。ほかに「自分の収入で買うにしても、あまりナイショで買いたくはないかな。堂々と『これ買っちゃった。ステキでしょ』と夫に言いたいから。ただ、金額を聞かれたら少なめに答えてますが(笑)」(MT・49歳)という声も。この遠慮が、家庭円満の秘訣かも?

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:アンチエイジング対策、どうしてる? 美容編①

    ナチュラルに歳を重ねていきたいとは思うものの、現実には、東に「シミが薄くなる方法がある」と聞けば行き、西に「5歳若く見える方法がある」と聞けば転びながらも走っていく……。そこでJマダムのみなさんに聞いてみた。「アンチエイジング対策、どうしてる?」多くの情報が寄せられたので、まずは「美容編、その①」を。

    裏エクラ

    2018年5月12日

  • 50代女性のホンネ:ナイショの買い物、したことある?

    洋服、バッグ、ジュエリー……買い物って、なんて心が踊るものなのだろう。それがナイショで買ったものなら、なお一層、ドキドキするもの。Jマダムのみなみなさまの、”ナイショ買い”事情を探ってみた。

    裏エクラ

    2018年4月14日

  • 50代女性のホンネ:ああ、涙のダイエット・失敗編

    「成功の裏には失敗あり」。ダイエットに成功したJマダムたちに、失敗談を寄せてもらった。思わず涙してしまうものからクスッと笑ってしまうものまで、いろいろ。それで尽きない美への探究心、ダイエットは永遠に続くのだ。

    裏エクラ

    2018年3月24日

  • 50代女性のホンネ:ああ、涙のダイエット・成功編

    3月に入り、寒さも少しゆるんできた今日この頃。街に春の服が並び始め、急にウエストまわりやフェイスラインが急に気になり出した人も多いはず。そこで、今回のテーマは「ダイエット」。まずは、成功編からまいりましょう。

    裏エクラ

    2018年3月10日

  • 50代女性のホンネ:「できれば、なかったことにしたい」こととは……

    テレビドラマ「もみ消して冬」が好調のよう。そこで、Jマダムにも「もみ消したい、できればなかったことにしたい」エピソードを聞いてみた。

    裏エクラ

    2018年2月24日

FEATURE
ランキング