自然な動きをキープするのが今どき、ハーフストパで「梅雨どきスタイリング」

2018年6月7日
ただでさえ、思いどおりにいかない大人の髪。その難度がピークになる高温多湿な梅雨〜夏は、パーマを味方にするのがおすすめ! エクラでは、“全体”ストレートパーマではなく、かける部分やパーマ液を“ハーフ”にして自然な動きをキープする「ハーフストパ」をご紹介。

パーマで解決!「ハーフストパ」を味方にする

生えグセ、ねこ毛、広がる髪に「部分的に仕込むハーフストパ」

PearL
アートディレクター
CHIEさん
パーマに定評のあるサロンを経て独立。大人女性が生活の中で感じるリアルな髪の悩みを生かし、デザインに落とし込むのが得意。

ストレートを内側に仕込んだ丸いフォルムのふんわりボブ

【いる&いらないクセを見極めペタンとしないストパ髪に】

クセ毛には重宝なストレートパーマ。でも全体にかけると、毛先のニュアンスがなくなったり、ペタンと見えたり、傷みも怖い。とはいえ、大人になるほどクセ毛率は高まってくる……なんとかしたい!と考えたCHIEさん。「いらないクセは前髪だけ、ハチまわりだけ、など部分的なことが多く、生かしたほうがいいところもあるんです。そこで、必要なところに、傷みの少ない薬剤でかけることにしました」
 パーマ液も、かけたあとに髪が硬くならないよう、ノンアルカリのものを別注で用意し、かける際のアイロン処理も根元から立ち上がるようひと工夫。
「今回は、大きいうねりのある耳下から襟足の内側と前髪にだけストレートをかけ、表面はふわっとしたクセを生かしました。ハンドブローだけでこの丸みが出るんです。伸びてもなじむので、年1回かければOKですよ」

Side

Back


【salon date】
PearL パール
毎日心地いいスタイルで、エレガントにもモードにも、シーンに合わせて表情を変えられるヘアに。●東京都渋谷区恵比寿西1の32の3トラッドゴード代官山 C ☎03・6455・3038 http://www.pearl-salon.com

What's New新着記事

FEATURE
ランキング