なんとかしたい「夫のニオイ」! 妻ができる“加齢臭を未然に防ぐケア”とは?

鼻にくる特有の刺激臭。その正体である加齢臭は、誰にでも迫りくるエイジング現象ではあるものの、食事やライフスタイルしだいで濃度は大いに変化します。妻が夫のためにできるわき臭・頭皮臭・首まわり臭・口臭・足臭の傾向と対策をご紹介。まわりの人々に伝わる前に、夫のニオイを完封しよう。

ピークを迎えた加齢臭、体の内外から予防せよ!

体臭の専門家・五味先生によると「加齢臭のピークは、40〜50代。発生源になるのは、皮脂腺から出るノネナールという老化物質です。皮脂腺は体毛のある部位に存在する脂を出す腺ですが、中高年になると食用油が酸化して古くなるのと同じように、皮脂腺の中に活性酸素が増えて皮脂が酸化。過酸化脂質となって脂肪酸を酸化分解し、臭い成分のひとつのノネナールを発生させるんです」。
 廃油やブルーチーズなどにたとえられることが多いその臭いは、むんっと鼻につく刺激臭。しかし、実は「ノネナールそのものは、さほど不快な臭いではない」と五味先生。「汗に含まれるアンモニアや、汗の中の乳酸を細菌が分解して出すジアセチルとノネナールが結合すると、不快な臭いになる。ここに関与するのが、加齢です。汗の原料は血液で、汗腺には血管から血液を汲み取って、汗として排出する際、体に必要な成分を血液中に再吸収するろ過機能があります。この機能が加齢で低下すると、血中に毒素などの成分が残留。ノネナールと結合しやすい濃い汗になって、加齢臭を強くするわけです」
 もともと、汗や皮脂腺の分泌を活発にする男性ホルモンの影響で、男性は女性より加齢臭が出やすい。そこに追い打ちをかけるのが、これまた男性に多く見られがちなメタボだ。
「メタボの人は脂肪を体内にため込んでいるので、加齢臭が強くなります。つまり、加齢臭は不健康のサイン。臭いの予防は、メタボの予防でもありますので、抗酸化作用のある食事を摂取し、活性酸素を増やすストレスや運動不足は解消するようにしましょう。また、加齢臭の大いなる問題は、他人に伝わることですので、体内からの予防はもちろん、臭いの発散を防ぐ外からの消臭も大事。加臭臭はわき、頭皮、首まわりといった皮脂腺の多い場所に発生しますが、じわじわと出てくるうえ、臭いに慣れてしまうと自分では気づかない場合も多い。そばにいる奥さまがぜひ、生活全般でサポートしてあげてください」

1.わき臭

皮脂と汗の不快な臭いは、ぬれシートでオフが正解

汗をかきやすい部位だけに、わき臭は発汗を抑制すればいいと考えがち。だが、加齢臭は皮脂腺内部の脂肪が酸化して出るので、発汗を抑えるだけでは力不足。デオドラント剤もいいが、使いすぎると体温調整など重要な役目を果たす汗を強制的に止めることになり、汗腺機能の衰えが促進。より濃く、臭いが強い汗になる可能性が。ぬれタオルや汗ふきシートでこまめにオフするのが賢明だ。

2.頭皮臭

頭皮と髪をていねいに洗って、皮脂に繁殖する細菌を防ぐ

皮脂腺が多く、細菌の好物である皮脂が出やすい頭皮。常に清潔に保つことは大前提だが、過剰に洗うと皮脂が流れすぎて皮脂腺からの分泌が活発化し、むしろ脂臭が強まる要因に。乱暴に洗って髪が傷んでも、傷んだ部位に臭いが付着するがゆえ、頭皮と髪の洗浄はひたすら優しくていねいに。また、ぬれ髪で寝るとぞうきんより雑菌が繁殖するので、睡眠前の完全乾燥を提言しよう。

3.首まわり臭

集中的に出るくさい汗と皮脂を専用ソープで一掃

臭いの一因になるのは、加齢などによる汗腺機能の低下。汗腺機能は手足の末端から衰えるため、手足でうまく汗をかけなくなった結果、汗腺が多い頭部や首まわりに集中的にくさい汗が出やすくなるわけだ。鼻から遠い首後ろの臭いは自己判断しにくいので、頭皮と同じく睡眠中に接触する枕をチェック。アリと感じたら、加齢臭予防効果のあるボディソープなどに切り替えて。

ここも注意! 口臭と足のニオイ

加齢臭とは異なるものの、加齢で強まる点で共通するのが口臭と足臭。まず、口臭に関与するのは、加齢でリスクが高まる歯周病。ただでさえ、中高年になると殺菌効果のある唾液が減り、雑菌が繁殖しやすいので口内環境は常に清潔に。一方、足臭の原因は、肌上で角質を餌にえる雑菌がつくる臭いと、体内から発されるアンモニア。老廃物であるアンモニアは、足がむくむとたまって臭いやすいので、夫が足パンパンで帰宅した日は、たまにマッサージを!

4 0 代半ば以降は3 種のニオイが混在する体臭の暗黒期!

'13年、30代半ば以降の体臭は、すべて加齢臭というこれまでの説が一変。マンダムの研究によって、30代半ばから発生する臭いは、加齢臭とは異なる第3の臭い「ミドル脂臭」であることを解明。その強度は40代をピークに徐々に下降し、加齢臭がじわじわ増加。早い人では40代半ばから汗臭とミドル脂臭、加齢臭の強度がそろって高数値になるため、この時期の体臭は極めて強いと考えられる。
なんとかしたい「夫のニオイ」! 妻ができる“加齢臭を未然に防ぐケア”とは?_2_1

What's New

Feature
Ranking