Jマダムが信じているもの、それは?

2018年7月7日
年を重ねて、人生の酸いも甘いもさまざま体験してきたJマダムたちには、心のよりどころが各々にあるよう。そんなJマダムたちの風水やパワースポットに対する意識を調査!
人生は自分の思い通りにいかないもの。アラフィー女性たちは年齢を重ねるほどにしみじみと実感するようで、日本の古い慣習や神社仏閣への参拝などに心を寄せる人が増えている。

チームJマダムに、「風水やパワースポット、占いなどを信じていますか?」と聞いてみたところ、何かしら気にかけていると答えた人が、実に76%にものぼった。

「昔から言われていることには、それなりに意味や理由があると思っています。“信じる”ということの効果もあるのでは」(Eさん)
「何かと慌ただしい日々の生活の中で、手を合わせる時間が持てることはいいことだと思う」(Sさん)
Jマダムたちは暮らしの中に、どんなことを取り入れているのだろう。複数回答で答えてもらった。

「毎年欠かさず初詣に出かけている」という人が66ポイントでダントツ。ほとんどが近所の氏神様に参拝するが、さらに足を延ばして、厄払いや願掛けで有名な寺社にも出向くという熱心な人も少なくない。

次に多かったのが、「節分の恵方巻を食べる」(38ポイント)。3位は「パワースポット詣で」(32ポイント)、4位は僅差で「厄払い」(30ポイント)と続く。参拝した神社のお守りを身につける、神社でおみくじを引くなどの正統派も上位に食い込んだ。

一方で、「インテリアに風水を取り入れる」(22ポイント)、「自宅に神棚を祀っている」(20ポイント)「玄関に盛り塩」(14ポイント)など、ふだんの生活空間でできることも、多くのJマダムたちが実践している。
Jマダムたちが風水、パワースポット、占いを信じるようになったきっかけは、どんなことだろう。

「数年前、近所で離婚が相次ぎご近所トラブルにも巻き込まれたので、嫌な気が我が家に入ってこないようにと玄関に盛り塩をしています。おかげ様で我が家は今も安泰です」(Sさん)
「昨年辛いことが重なり、外出先で神社を見つけては参拝するようにしていたら、なんだか心が軽く。それ以来、神社にはよく足を運ぶようになりました」(Wさん)

何かを信じることで、神頼みに終わらず、生き方が変わったという人も。

「子どもの成長や受験合格を願って風水に興味をもつように。部屋を整えているうちに、日常の家事が楽しくなりました」(Mさん)
「風水や神社などを意識するようになったら、古き良き日本の伝統文化や歳時記に興味が出て、いい学びになりました。意識的に行動することで努力するようになったし、考え方もポジティブになり、良循環がうまれたように思います」(Yさん)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング