職人の手仕事に出会えるギャラリー&ティールーム 日日(にちにち)

2016年10月15日
ものと出会い、手仕事のすばらしさに魅せられた女性たちが営む旬のショップをご紹介。旬な目線をもつ彼女たちが生み出す仕事の感性に触れてみてください。
東京から京都・御所東にある築100年を超えるお屋敷に移転し、昨年11月にオープンしたギャラリー&ティールーム。かつて京都の自宅に予約制のギャラリーを始めたオーナーのエルマー・ヴァインマイヤーさんが、東京・富ヶ谷に移転し、再び京都に戻り始まった。今は奥さまの奥村文絵さんがエルマーさんのポリシーを受け継ぎ、常時30名ほどのつくり手のものを扱っている。いずれも使い勝手がよく、職人の手仕事が感じられるもの、時間をかけて成熟した、むだな装飾がなく美しいものをそろえ、「良質なものをつくり続けている工房や作家たちと時間をかけ、信頼関係をつくりながらものを手に入れてきました」と奥村さん。店頭に並ぶ作品は限られているが、欲しいものを伝えれば、奥からいろいろなものが運ばれ、つくり手の思いを伝えながら見せてくれる。
建物の一角にはティールーム「冬夏」を併設。栽培から仕上げまでこだわったオーガニックのカカオや煎茶などが楽しめる
  • 古い建具や庭を残しつつ、照明や欄らん間ま が斬新なギャラリースペース 
  • 『日日』を運営しつつ、フードディレクターとしても活躍する奥村文絵さん
  • バウハウスの影響を受け、1924年ドイツに開設されたマルガレーテンヘーエ工房の陶器。急須¥29,000、皿¥6,000~、カップ¥6,000
☎075・254・7533 
京都市上京区信富町298
10:00~18:00 ㊡火曜

What's New新着記事

FEATURE
ランキング