エクラ華組が選ぶ、夏を快適に過ごせるマイベスト「ワンピース&スカート」 五選

2018年7月28日
猛暑を超える、酷暑の夏! 今年のマストハブアイテムといえば、涼しく、おしゃれに、品よく装えるワンピースやスカート。エクラ読者チーム・華組のみなさまがマイベスト・パートナーに選んだ一枚とは? アラフィーのリアルクローゼットから着こなしのヒントを手に入れて!

1.ジャージー素材や透け感のある羽織が活躍(有村一美さん)

「この時期のコーデは涼しさ重視になりがち。でもここはエクラ世代、薄着にしたいけど二の腕や脚は出したくない、だらしなくもなりたくない。そのうえ黒は見た目が暑苦しくなるリスクもあるけどやっぱり着たい……。毎年夏が来るたびに私はこのジレンマに悩んでいます(笑)」という有村さん。暑い日でも楽しみたい黒コーデは、素材選びや差し色を取り入れることを大切にしているようです。

1/2

2/2

涼しくて夏は大活躍のジャージー素材のノースリーブワンピースにサンダル。家着のようなラクチンスタイル(しかもユニクロ)ですが、街に出る時はさすがにそれだけでは厳しい。
ワンピがマキシ丈なので、首元が詰まらないように。
そしてワンピとのバランスを考えて、短め丈の透け感のあるボレロを羽織って。これは何年も着ているランバンのもの。軽くてシワにならずとても重宝しています。
小物は黄色をアクセントに!
夏になると活躍するJAMIN PUECH(ジャマン・ピュエッシュ)のリネン素材のバッグ。全て手仕事で作られた刺繍やビーズがまるで芸術品のような美しいバッグは、一度使うとその魅力にハマります。毎年様々な柄や形が出るので、流行にとらわれず長い間ずっと使い続けられるのも魅力。お直ししながらずっと使っている大切なバッグです。
このバッグに合わせて黄色のアクリルリングと水牛のバングル(どちらもノーブランド)で。ピアスは私の手作り。

What's New新着記事

  • 楽しげなムードがただよう「大きめトート」で出かけよう! 五選

    ショッパー風のデザインや、アーカイブロゴ、遊びのきいた素材使いなど、ハイブランドのトートバッグが旬! とくに今年は大きめサイズの人気が上昇中。ラグジュアリーながらパッと目を引く楽しげなデザインが気分を盛り上げる!

    eclat五選

    2018年8月20日

  • 「思い込み」を捨てると大人のジュエリー使いはもっと素敵になる! 五選

    「ジュエリーの新境地を開くには、まずは思い込みを捨ててみて」と語るのはジュエリースタイリングの第一人者・伊藤美佐季さん。「耳、首、手首の3点づけ」「パーティーのためだけのジュエリー」の思い込みを捨てれば、欲しい大人のツヤが手に入る!

    eclat五選

    2018年8月19日

  • やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選

    50代の同窓会では、一枚で即効性のある着映えワンピースが最善のチョイス。久しぶりに会うメンバーに"やっぱり素敵"と思わせるデザインを、シチュエーション別に選ぶのが正解! 座敷で恩師を囲う会や、ホテルの立食パーティで装いたいきちんとスタイルをお届けします。

    eclat五選

    2018年8月19日

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

  • 頼れる「美パンプス」は、この一足! 五選

    若いころのように、ハイヒールで一日中仕事をすることができないアラフィー女性のために、履き心地抜群でしかもデザイン性にも優れた、才色兼備な逸品をピックアップ!「パンプスなのに走れる」と巷で噂のロックポートや、絶妙なフィット感が得られると評判の、日本人デザイナーが日本人女性のために作った靴をご紹介。

    eclat五選

    2018年8月18日

FEATURE
ランキング