ハイブランドの遊び心が旬!大人に似合う大きめトート 五選

2018年8月10日
ミニバッグブームが落ち着き、再び人気上昇中の大きめトート。今旬のキーワードは、ショッパー風のデザインや、アーカイブロゴ、遊びのきいた素材使い。ラグジュアリーながらまじめすぎない楽しげなムードが今の気分にぴったり!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.DIOR(ディオール)
世界的ヒットを記録したネイビーに続き、新色バーガンディが新鮮な「ブック トート」。キャンバス地に施された刺繡による繊細で美しいロゴが、シンプルな着こなしを引き立ててくれる。型くずれしにくく自立するのも使いやすい。

バッグ(32×41.5×18)¥270,000・ジャケット¥720,000・ブラウス¥270,000・パンツ¥180,000・ピアス¥57,000/クリスチャン ディオール(ディオール)
2.SAINT LAURENT(サンローラン)
サンローランのアイコニックなバッグのひとつ「モノグラム・サンローラン ショッピング・トート」に、秋冬の着こなしと相性のいいメリノウール素材が登場。縦長タイプはスマートな印象に。

バッグ(42×35×12)¥310,000・ジャケット¥275,000・スカート¥360,000・靴¥295,000/イブ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)
3.CÉLINE(セリーヌ)
名品「ラゲージ」のフォルムを受け継ぎながら、素材にコットンキャンバスを使用しぐっと軽やかなムードに。ストライプのジャカード織りやハンドルのカーフスキンをアクセントにきかせて。

「ビッグバッグ テクスチャードキャンバス ミディアム」バッグ(32×32×29)¥305,000・オールインワン¥210,000・サングラス¥46,000・リング¥96,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ)
4.GUCCI(グッチ)
アーカイブ モチーフのひとつである"バイアデラ ストライプ"に彩られたリネンキャンバスに、’80年代的なヴィンテージロゴを印象的にあしらって。ハンドルやトリミングにレザーをあしらうことで、カラフルながらカジュアルになりすぎず、主役感たっぷり。

バッグ(43×41×5.5)¥171,000・カーディガン¥220,000・Tシャツ¥65,000・パンツ¥140,000/グッチ ジャパン(グッチ)
5.FENDI(フェンディ)
1965年にカール・ラガーフェルドによりデザインされた「FFロゴ」が復活。コーティングコットンのトートにアイキャッチ効果抜群のロゴを配し、上質なファーストラップもミックス。まさに大人の遊び心あふれるディテールが満載。

バッグ(35×41×19)¥202,000・ストラップ¥135,000・ジャケット¥390,000・シャツ¥95,000・パンツ¥87,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

What's New新着記事

  • 楽しげなムードがただよう「大きめトート」で出かけよう! 五選

    ショッパー風のデザインや、アーカイブロゴ、遊びのきいた素材使いなど、ハイブランドのトートバッグが旬! とくに今年は大きめサイズの人気が上昇中。ラグジュアリーながらパッと目を引く楽しげなデザインが気分を盛り上げる!

    eclat五選

    2018年8月20日

  • 「思い込み」を捨てると大人のジュエリー使いはもっと素敵になる! 五選

    「ジュエリーの新境地を開くには、まずは思い込みを捨ててみて」と語るのはジュエリースタイリングの第一人者・伊藤美佐季さん。「耳、首、手首の3点づけ」「パーティーのためだけのジュエリー」の思い込みを捨てれば、欲しい大人のツヤが手に入る!

    eclat五選

    2018年8月19日

  • やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選

    50代の同窓会では、一枚で即効性のある着映えワンピースが最善のチョイス。久しぶりに会うメンバーに"やっぱり素敵"と思わせるデザインを、シチュエーション別に選ぶのが正解! 座敷で恩師を囲う会や、ホテルの立食パーティで装いたいきちんとスタイルをお届けします。

    eclat五選

    2018年8月19日

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

  • 頼れる「美パンプス」は、この一足! 五選

    若いころのように、ハイヒールで一日中仕事をすることができないアラフィー女性のために、履き心地抜群でしかもデザイン性にも優れた、才色兼備な逸品をピックアップ!「パンプスなのに走れる」と巷で噂のロックポートや、絶妙なフィット感が得られると評判の、日本人デザイナーが日本人女性のために作った靴をご紹介。

    eclat五選

    2018年8月18日

FEATURE
ランキング