足もと変わればすべてが変わる。靴はおしゃれのセンターです! 五選

2018年9月3日
暑さも残るこの季節、おすすめの衣替えは足もとから。簡単にインパクトと新鮮さをもたらしてくれる、まさにセンター的役割! ラインナップもどんどん進化中だから見逃せない。今期注目のキーワードとともに、最旬靴をご紹介。
足もと変わればすべてが変わる。靴はおしゃれのセンターです! 五選_1_1-1

1/5

足もと変わればすべてが変わる。靴はおしゃれのセンターです! 五選_1_1-2

2/5

足もと変わればすべてが変わる。靴はおしゃれのセンターです! 五選_1_1-3

3/5

足もと変わればすべてが変わる。靴はおしゃれのセンターです! 五選_1_1-4

4/5

足もと変わればすべてが変わる。靴はおしゃれのセンターです! 五選_1_1-5

5/5

1.深まる季節のおしゃれを品よく後押しする
「最旬ブラウン」
装いに秋のムードを加えてくれる、こっくりと優しげなブラウンカラー。ベーシックな色みゆえ、一歩先行くデザインでも取り入れやすさは抜群。色と色をつないでくれる旬のブラウンを、まずはワードローブに加えて。

(右から)ボルドーのような濃密ブラウンのローファーは、タッセルとゴールドのモチーフで大人顔に。靴(2.5)¥79,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ゴールドのアンクレットがポイントになった旬顔のスリッポン。靴(2)¥78,000/シジェーム ギンザ(ジルサンダー) マニッシュなレースアップシューズも、ポニーヘアのレオパード柄でシック。靴(1.5)¥113,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) サイドゴアブーツの型を女性向けに修整。上質カーフならではの洗練されたたたずまいが装いを格上げする。靴(3)¥145,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ひときわ目をひく明るめブラウンのアンクルブーツは、足首に美しくフィットするデザインでフェミニン。靴(7.5)¥89,000/アッシュ・ペー・フランス(ミッシェル・ヴィヴィアン)
2.華やぎ感がぐっとアップした
「デコラな男靴」にも注目
スタッズが施されたり、チェック柄になったり。ちょっとデコラティブでパンチの効いたマニッシュ靴が続々登場! トラッドな雰囲気はキープされていて、取り入れやすさはお墨付き。インパクトが加わった一足にチェンジすれば、たちまち旬のおしゃれがかなう!

(右上)今年らしくアップデートした、ブランドを代表するモデル。キルト部分に配された切り替えが、新鮮な表情を添えて。靴(3)¥145,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)
(右下)つやめくパテントのアッパーと、ウェルトのきらめくクリスタルでレースアップシューズが華やかに変身。靴(0.5)¥101,000/ジミー チュウ 
(左上)ずらりと並んだシルバーのハトメとパテントの輝きでインパクトも絶大。靴(4.5)¥87,000/ヒラオインク(クレジュリー)
(左中)ブランドの中でも女性に人気のスタッズシリーズに新たにローファーが登場。装いを問わずにマッチする存在感が◎。靴(2.5)¥63,000/チャーチ 表参道店(チャーチ)
(左下)王道のタッセルローファーも、トレンドのタータンチェック柄のレザーで目をひく存在感。靴(1.5)¥63,000/ドゥロワー 青山店(チャーチ)
3.繊細な色みとさりげないワンポイントが決め手の
「洗練ショートブーツ」
ニュアンスカラーや小粋なアクセントが施された、より洗練されたたたずまいのショートブーツが充実。どこか大人のムードが漂う一足を加えて、この季節ならではのおしゃれを楽しみたい。

(右上)スカートとも好相性の絶妙な長さ。靴(2.5)¥105,000/アッシュ・ペー・フランス(ミッシェル・ヴィヴィアン) 
(左上)"R"モチーフがグレーのレザーと美しくマッチ。靴(6.5)¥115,000/ドゥロワー 丸の内店(ロシャス)
(右下)シックなディテールのネイビースエード。靴(3)¥110,000/アッシュ・ペー・フランス(ルパート・サンダーソン) 
(左下)異素材のグレーのコンビネーションで、フラットでも大人顔。靴(2)¥132,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)
4.ちょこんとした「プチヒール」感が
ちょうどいいおしゃれを呼び込む!
"キトゥンヒール"をメインに、トレンド傾向にある控えめなヒール。ちょこんとしたヒールの愛らしい存在感と、その履きやすさで注目株!

(右から)マットなスエードの黒にシルバーのハトメで、低めヒールでもシャープな雰囲気を取り入れられる。靴(5)¥105,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 秋らしい濃密なボルドーが上品な華やかさを添えてくれる。短く太さのあるヒールで、安定感も抜群。靴(3.5)¥46,000/マルティニーク丸ノ内(ペリーコ) 真っ白のたたずまいとキュッと結んだリボンの存在感が新鮮なバランスを生んで。靴(4.5)¥93,000/シジェーム ギンザ(ジルサンダー)
5.「ぺたんこメタリック」投入で
シンプルスタイルを刷新
今シーズン人気上昇中なのが、大人顔のメタリック素材。フラットでもとびきりの存在感で、装いの空気感を即チェンジ。信頼のブランドで選べば、悪目立ちせず、新鮮なインパクトを加えられる。

(上)ゴートレザーにちりばめられたグリッターが繊細に輝く。美しいシルエットのスリッポンだからボトムを問わずマッチ。靴(0.5)¥84,000/ジミー チュウ 
(中)ラミネート加工を施し、金属のような表情に仕上げたレザーを使用。トゥのスタッズが小粋なアクセントに。靴(1)¥97,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) 
(左)ミラーのように輝くシルバーのパテントが、装いに軽やかさとインパクトを加味。靴(1.5)¥83,000/ヒラオインク(クレジュリー)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング