アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。
アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言_1_1
一瞬にして心を凍りつかせた言葉とは……? 振り返ってもらったところ、もっとも多かったのが
「あまりにも多すぎて、思い出すのもイヤ」(MC・50歳)
「ありすぎて、忘れた。というか、忘れるようにした」(AU・47歳)という声。

全体の半数を占めていた。うう、それほど嫌な思いをした記憶を呼び起こしてしまって、ごめんなさい。なお、凍りつかせた一言を発した相手としては、「ママ友」が最多だった。

「初対面で、いきなり『ご主人はどこの大学出てるの?』と聞かれた」(SN・50歳)
「息子が書いた習字が展覧会で飾られることになったとき、あるママに『担任の先生が勝手に選んでいるだけで、字がうまいから飾られているわけじゃない』と言われ、びっくり」(AT・44歳)。

恐るべし、マウンティングママ。
アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言_1_2
上記のように、本人にはそのつもりはなくても「悪意」の感じられる一言には、どのように対処すればいいのだろう。

「むかつくが、相手と同じレベルになりたくないので聞き流し、その後はいっさい関わらないように」(MK・53歳)
「微笑みながら、無視」(ST・49歳)

と、基本は「逃げるが勝ち」のよう。ただ、ATさんを凍りつかせたマウンティングママのような相手は、一筋縄ではいかない様子。
「あまりに邪険にすると後々めんどうなので、当たり障りのない距離をとっている」という。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:私がひそかにハマっていること

    アンチエイジング対策として、スキンケアやボディケアはもちろん、メンタル面の若さを保つことも大切。そのためにも、何か「夢中になれること」があるといいらしい。そこでみなさんに聞いてみました、「ひそかにハマっていること」。メンバーたちは、そしてあなたはどんな沼にハマっている?

    Jマダム通信

    2019年5月26日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

FEATURE
ランキング